ここから本文です

天と地と (1990)

監督
角川春樹
  • みたいムービー 59
  • みたログ 502

2.74 / 評価:193件

莫大な金をかけた過剰演出

  • KSHue さん
  • 2019年4月5日 10時18分
  • 閲覧数 2017
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

馬とエキストラの数だけは一級ですが過剰な演出は完全にNG。いくら毘沙門天の化身、長尾景虎とはいえ大将が自ら先頭を切って敵陣へ突撃って、、、鉄砲で撃たれますよ。謀反人と一騎打ちしたうえに単身でその娘を訪れたり、、、後ろから切られますよ。そして最後は混戦のなか信玄と一騎打ち、、、すぐ周りの兵が寄ってきますよ。確かに刃を交えたという逸話はあるにしてもこの描き方はほとんど漫画であり景虎に対する冒涜です。キャスティングも角川ご用達の現代劇オールスター。行き過ぎた娯楽主義で没落した角川映画を象徴する作品。「影武者」を観た後だけに稚拙さが一層際立ちます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ