レビュー一覧に戻る
テキーラ・サンライズ

テキーラ・サンライズ

TEQUILA SUNRISE

115

jig********

2.0

ちゃっちゃちゃちゃっちゃ・・テキーラ♪

のっけから'80年代ですみたいな曲でなにやら 懐かしい気がするだけで実は初見です。 まぁ、'80年代の映画の曲ってなんか特徴あるから 聴いているとなんとなくわかったりします。 物語は麻薬売買にかかわる男(メル・ギブソン)と 麻薬捜査をする刑事(カート・ラッセル)、 そこにミシェル・ファイファーが加わって 三角関係になっちゃったりする犯罪ものですが、 これがまた普通ですねと。 普通というか若干低めの出来かもしれません。 3人の豪華競演にあぐらをかいちゃったのか、 話がなんというかもうありがちじゃないですか というお話でして、 しかもイマイチ盛り上がらないという展開。 メルは何をしたいのか? カートはどうしたいの? ミシェル別にどーでもええのでは・・などなど。 3人集まれば文殊の知恵じゃないんだから、 とりあえず集めとけばなんとかなると思ったら大間違い。 何も起きずに普通ですじゃいかんのです。 メルがもっとぶちぎれるとか、 カートがもっと前へ前へと出てくるとか、 ミシェルが妖艶に男どもを手玉に取ってくれなければ・・ねえ。 とりあえず、3人の化学反応はあまりうまくはいってなかった 模様で印象に残りにくい作品となりました。

閲覧数1,630