上方苦界草紙
2.5

/ 2

0%
50%
0%
0%
50%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(1件)


  • kih********

    4.0

    惨めで憐れ、見られる方か、見る方か。

    苦界と書いてクガイと読むのだそうだ。この映画の世界がそれらしい。   ―― 苦界(1)〘仏〙苦しみや悩みの多い世界,すなわち人間世界。(2)〔「公界(くがい)」を「苦海」の意にとって〕遊女のつらい境遇。遊女の世界。公界(くがい)(Web版 大辞林 第三版)。 遊女の「つらい」境遇なんてもんじゃない。惨めだ。憐れだ。 河原の舞台?で、姉妹が三味線を演じ、一人が脚を広げて、客?が小銭を投げる。河原に散った銭を拾い集める座長? 三人が三人、それぞれに惨めで憐れだ。 客?は必ずしも女の股間を楽しんでいるのでもなかろう。他人の惨めさをを楽しんでいるのではないか。他人を辱しめる快感があるのではないか。それで、小銭を投げ乍らどっかに安堵感を確認しているのではないか。最も惨めで憐れなのは、河原に集まる男たちではないのか。 あぁいやだ、いやだ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
上方苦界草紙

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル