レビュー一覧に戻る
ドラえもん のび太のドラビアンナイト

kor********

5.0

ネタバレそりゃ何回だって観ますよ!

“絵本の世界に入って大冒険”は“ゲーム(孫悟空)の世界に入って大冒険”と少し…というか孫悟空も絵本みたいなものなので第9作目とほぼマル被りな設定に「少しネタ切れじゃないの?」と思う人もちらほらいるのでしょうか。その問題のせいかレビュー件数えらい少ない本作です。 ですが、本作ならではの点もあります。それは“ヒロインを助ける”という冒険モノでは欠かせない点が描かれている事。意外に思われますが今まで(劇場12作目以前)の作品では「ヒロインが悪に捕まり主人公パーティーが助ける」という行動が描かれていないのです。本人の意思で捕まってしまったのを助けるパターン、もしくは侵略された星を助けるなんてのはありましたけどね。まぁだからなに?と言われるとお終いですが…しずかちゃんが奴隷扱いされている残忍な描写なんて新鮮ではないでしょうか(悲) 絵本の仮想世界と現実世界がドッキングは少し無茶ですが、ふと思い返すとドラえもん達がタイムトラベルをするというのも案外少ないですね。しかも場所はアラビアの世界。現代でいうイラクのバグダードです。舞台は現実世界というのはいつもの作品と比べると斬新さは薄まるものの、そこは可愛らしいガイドでカヴァーです。このミクジンが可愛くて、思わず小さい頃に遊んだドンジャラを思い出します。 主題歌はこれまた久しぶりに武田鉄也ではなく(もちろん作詞は鉄也さんです)白鳥英美子さんが良い声で歌います。「西の夜空 さそりの星座がのぼり 恋したねと 教えてくれた」なんて美しい。まぁ作中に恋愛要素はほぼ皆無ですが。 まぁ設定が少しカブろうが良作にする手腕は大したものですね。 ・今回の名言 ドラえもん「わかってるくせに。一体何回観れば気が済むんだよ」 いや、ごもっとも!でも何回でもあなた達を観させて戴きますよ♪

閲覧数1,644