ここから本文です

幕末純情伝 (1991)

監督
薬師寺光幸
  • みたいムービー 5
  • みたログ 244

2.89 / 評価:74件

バイセクシャル…ではないようです。

  • kor******** さん
  • 2013年5月27日 23時21分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作は歴史ある邦画の界の中でも名作と謳われる『蒲田行進曲』(82)と同じように松竹×角川のタッグで描かれたつかこうへいの戯曲。テンションMAXなドタバタ活劇ですが、出演する役者陣の歴史上の人物へのなりきりぶりがなかなか面白く「たられば」や「願望」が多いに組み込まれた時代劇を観賞致しました。

津川雅彦演じる公家の岩倉具視をとことん悪役に徹しさせ、柄本明(桂小五郎)を始めとした維新側をずる賢くユーモアに富んで描く着眼点が面白いです。スター候補生渡辺謙と当時ブレイク中の牧瀬里穂を「坂本龍馬」と「沖田総司」に配役し、大政奉還を成し自国民同士で争わない日本を夢見た竜馬と、時代のうねりに巻き込まれた男女の普遍的な要素、そしてラストには龍馬が沖田に涙ながらに斬られるといった流れはやはり斬新。

肝心の殺陣シーンに関しては少々スピードが遅めでありますが、ドタバタアクションをふんだんに取り込み、皆で声を合わせて叫ぶ「チェストー」と同時に流れるBY-SEXSUALの挿入歌がなんとも調子外れなロック音楽。しかもそれを歌付きで入れてしまうのはどうでしょう。キャスト、衣装、セットなど惜しげもなくお金を掛けたバブル映画には恥じない「勢い」は感じましたが(アーティストにも)

舞台ではなお、沖田の役を時の女優に演じさせる人気の演目でありますが、現代のハイスピードカメラやアクション技術を駆使した劇場版が作られてもいいのではとも思えます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • パニック
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ