レビュー一覧に戻る
シコふんじゃった。

beautiful_japan_

5.0

ネタバレ面白いです

部員が1人しかおらず、廃部の危機に直面していた相撲部に、いろいろな人が集まってリーグ優勝してしまうという物語。若貴ブームで大相撲が盛り上がる一方、大学の相撲部が衰退する状況をコミカルに描く。 半強制的に1日相撲部員にさせられた主人公の山本秋平(本木雅弘)は、大会に出場するなかで、相撲の魅力に気づき、勝負にこだわっていく。 とにかく登場人物が個性的で魅力的。 相撲部唯一の部員ながら、本番に弱い青木(竹中直人)。立派な体なのに気弱なクリスチャンの田中豊作(田口浩正)。イギリスからの留学生ジョージ・スマイリー(ロバート・ホフマン)。竹中直人は若いが、表情や動作にキレがあり、全体を引き締めている。 顧問の穴山(柄本明)は、ボーッとしているように見えて、的確な指示で勝利に導いていく。秋平の弟の山本春雄(宝井誠明)とマネージャーの川村夏子(清水美砂)、間宮正子(梅本律子)の三角関係が、不思議な雰囲気を醸し出している。 周防正行監督は「(元アイドルである)モックンの裸を見せたら女性客がたくさん来るかも」という思惑があったらしいが、同性愛の男性たちの間でも評判になったらしい。清水美沙は、とても素敵な大学院生を演じている。

閲覧数2,356