外科室
3.7

/ 26

35%
23%
23%
12%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(8件)

切ない31.6%ロマンチック21.1%ゴージャス15.8%悲しい10.5%ファンタジー10.5%

  • z27********

    4.0

    虚飾

    中学3年か高校1年の時の話題作で話題に乗って上映したパルテノン多摩で観ました。周囲は高齢者やカップルばかりで、更に自分一人立ち観で非常に浮いてました。初見としては綺麗な映画でした。50分という時間も元々原作が短編なのでちょうどよい時間程度です。でも当時ヒットしたのはキャッチコピーや宣伝の勝利であり、作品的には演出は平板で平凡にも感じます。それでも逆に怒りを感じる程酷くなく俳優陣の豪華さもあり何故か凄い映画に見えてしまいます。そのため初めは★3つと考えてましたが、1つオマケして★4つになりました。

  • pin********

    3.0

    泉鏡花の映像化は難しい。

    泉鏡花に傾倒している玉三郎が、鏡花の美を映像化した作品のようですね。 でも、僕は途中で寝てしまいました。 美しい日本的な映像が続くのですが、いかんせん、退屈。 ストーリーもありきたり。 文学でならその美しさもわかるような気がするのですが、映像にしてしまうと、美しさがなにやら生臭いものになってしまうようです。 いかに映像が美しくとも。

  • melrose1004

    5.0

    ネタバレ一瞬の恋、永遠の愛。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aok********

    5.0

    サユリストでなくても堪能できます

    美しいのはわかっています。その存在の素晴らしさも。だけど、どうも熱演が苦手です。新作が公開されるたびに、ああ、今回も力一杯頑張られてしまうのだろうな……と。 しかし、本作は彼女でなければ絶対ダメです。まさに吉永小百合だからこそ、意味があるのです。主人公の生真面目さや清廉潔白さは彼女そのものなのです。 一時間に満たない上映時間。玉三郎の初監督作品。料金一律1000円。 話題を振りまいた作品ではありますが、いまやすっかり忘れ去られています。 しかし、私の知人の中には、今でも自分の理想の映画(ていうか恋?)は「外科室」だと言いきる者もおります。 ただ一度、すれ違っただけの恋。 あらすじはそれ以上、書きたくありません。 ぜひ、泉鏡花の耽美的世界を堪能して下さい。

  • ez_********

    5.0

    DVDなら、音楽もじっくり聴けます

    原作はごく短い、文語体一人称だったと記憶してます。 それを監督の思い入れたっぷりにふくらませ、50分の映像にする…いかにも失敗しそうなパターンですが、さすがに素晴らしい配役、大丈夫です。 公開当時に小さな映画館で観て、その後レンタルでも観ましたが、昨年?再発売された為DVDを購入。 初見から何年経っても、古くなることはありません。演出が余計なところも少々ありますが、映像化する以上は別作品にすることも必要だと思うので気になりません。 ヨーヨー・マのチェロがもの悲しく、そして官能的にお話しを締めくくります。 耽美に走りすぎず、ゆっくりと現実に戻してくれる柔らかな音色です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
外科室

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-