ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち
3.5

/ 59

24%
20%
47%
3%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(14件)


  • ter********

    5.0

    どうやったらメタルクウラを倒せるのか絶望感もあり楽しめました。

    クウラが登場する2作目。 前回のクウラの映画とは違って、悟飯は戦闘に参加します。クリリンも活躍して、今回もピッコロさんカッコ良かったです。 そして、悟空とメタルクウラの戦闘はなかなか良かったです。ベジータの存在も良かった。 どうやってメタルクウラを倒せるのか、絶望感もありました。 サイヤ人vs.クウラ(フリーザー一族)の宿命の対決という感じで良かったです。楽しめました。

  • ポンデッド

    3.0

    最後が微妙

    機械化されたクウラとの戦闘 悟空&ベジータ対クウラとか面白いですが、他はロボットだったり最後も変なクウラとの戦闘で微妙ですね。

  • 宮崎是彰

    3.0

    良くできているが

    どんどんインフレしていくドラゴンボールという作品で再登場できたキャラクターに魅力は感じる作品です。 全体的にいつものドラゴンボールって感じで好感が持てますし、一時間もない作品でも十分に満足な感じはありますが、途中から急に物語をたたみにくる感じが強く出ており、もう少しテンポには注意したほしかった感じです。ベジータは唐突でしたし、バランスは少し悪かったかなと感じます。 ドラゴンボールのなかでは良くも悪くもない作品です。気楽に見れますのでちょっと見るには良い塩梅かなと思います。

  • JUNJUN

    5.0

    感想

    メタルクウラがキモい‼️ 悟飯ちゃんに、もう少し活躍してほしかったな〜。

  • tom********

    5.0

    ネタバレ劇場版で1番好き!超絶かっこいい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ひゅう助

    5.0

    ベジータ参戦!そしてお決まりの名言も!!

    「勘違いするなよ、カカロット。お前を倒すのはこのオレだからな」←この名言。 これ以後、劇場版に顔を出してはこのセリフを吐いて登場するベジータ。後年ではやられ役になってしまいましたが、今作ではそれなりに活躍してらっしゃいます。 今作の最大の目玉はなんといってもメタルクウラ!あのクウラがメタリックボディになって帰ってきた!! しかも無数のメタルクウラがいる、という設定には当時驚いた記憶があります。 それでもやっぱり強かった悟空。ラストは気功波でフィニッシュ。かっこいい幕切れでした。 けっこう完成度高いんじゃない?この劇場版は。 というわけで☆5つ。

  • pau********

    5.0

    メタルクウラが怖い件

    フリーザよりも残酷・・・

  • gag********

    3.0

    メタルクウラー

    本編46分と短いだけあって展開が早くダレる事なく観れる。 今作はピッコロも脇役でちゃんと活躍出来ている点も良い!(すぐやられちゃう引き立て役とかではなく) 子供の頃、悟空が言う「壊れたって知らねーぞー」というセリフを気に入っていたのを記憶している。 残念なのがメタルクーラー大量生産。 一人(一体?)でも十分強いんだし、あんな絶望的な演出はあまり好まなかったかな。

  • gog********

    5.0

    孫悟空 VS メタルクウラ

     クウラはフリーザの兄。フリーザよりも一回多く変身でき、フリーザよりも遥かに強い。そんなクウラは前作で太陽に突っ込み消滅するも、本作でピカピカボディのメタルクウラとなって復活。孫悟空とメタルクウラの戦いを描いたドラゴンボールZ劇場版第6作目。ドラゴンボールZの劇場版では本作が一番好きな作品。冒頭のナメック星にビッグ・ゲテスターが食らいつくシーンから迫力があって凄い。その後のナメック星での孫悟空とメタルクウラの戦いはまさに100億パワー。ナメック星を所狭しと飛び回る大バトル。メタルクウラの強さにさすがの孫悟空も大苦戦、ベジータも途中参戦。ラストは巨大クウラとの一騎打ち。亀仙人やピッコロ、孫悟飯などお馴染みキャラクターの活気溢れる活躍もあって(亀仙人のはったりが面白い)大人も子供も楽しめるアニメーション作品。

  • gie********

    5.0

    ネタバレ劇場版の中では一番面白いかも

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oce********

    3.0

    べジータ登場!

    前作で倒したはずのクウラが復活。 舞台はナメック星。 悟空やクリリンは分かるが、なぜか亀仙人やヤジロベエまで同行。 まあお笑い担当のためですけど(笑) 今作ではやっと劇場版初登場のべジータ。 カカロットのピンチになると駆けつけるという、お約束がこの作品で出来上がり(笑) 二人の超サイヤ人との戦闘はやはりすごいが、終盤はいただけない。 あれだけゾロゾロ出てきたのに、超サイヤ人の能力を吸収ってお粗末過ぎる。

  • lit********

    5.0

    ネタバレさすが亀仙人(笑)

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • blu********

    4.0

    ベジータ愛!

    ハリウッド版「ドラゴンボールZ」がアナウンスされて楽しみな今日この頃。 皆様、いかがお過ごしでしょうか? 僕の中では不安と期待が7:3ぐらいの割合なんですよね。 日本のアニメ、ゲーム、映画などジャンルを問わずにそれらが世界に進出すると、いくつかの成功例はありますが、大抵は見るも無残な姿になって帰ってきますからねぇ・・・(笑)。 あんまり期待せずに待ちましょうか。 さて、この「激突!!百億パワーの戦士たち」は、ベジータラブの僕にとって堪らないものがある作品です。 何故ならば、彼のプライドがズタズタにされるからなのです(笑)。 ストーリーを簡単に説明しましょう。 (細かい説明は省きます) マンガを読まれたことがある方は、知っていらっしゃるかと思いますがフリーザというキャラがいます。 そのフリーザの兄貴でクウラって奴がいるんですけど、そいつは別の劇場用作品の中で悟空たちが倒したんですね。 ところが、この映画の中で再び復活してメタルクウラとなって、Z戦士御一行と一戦交えることになります。 とはいっても、主に戦うのは悟空とベジータなんです。 いざ勝負すると悟空とメタルクウラは、明らかにベジータとは違う次元の強さで、バトルを繰り広げて、頭にきたベジータは二人もろとも吹き飛ばそうとするんですけど、それすらもあっさり交わされてみたり(笑)。 「あ、あんたの指図なんか聞かないんだからね!」←多少、脚色あり。 なんてセリフを吐きつつもベジータは悟空と共闘します。 ツンデレのベジータもステキやん! それでも何とか倒しますが、その後の絶望ぐあいと言ったらありません(笑)。 ”遥か頂きに見えるは・・・”みたいな感じで。 不満としては、その他のキャラクターにイマイチ活躍の場が無かった事と、メタルクウラの終わりかたがしょぼかったことですね。 ところでハリウッドはどうなるんですかね? 全然情報がありませんが、とりあえずベジータが出るのか気になります(笑)。 それと、ベジータの相棒(という手下)のナッパが出演する際はK-1のマイク・ベルナルド選手か、お笑い芸人「塩コショー」のレックス・ジョーンズ辺りが適任かと思いますが・・・。 まぁ、完全にネタですけどね(笑)。

  • aya********

    5.0

    最高にかっこいい♡♡♡

    とにかくかっこいい!!!メタルクウラがすごく強くて、最高にかっこいいし、悟空とベジータが協力して戦うのはもっとかっこいい!!戦い方やしぐさまで、完璧なかっこよさです♡♡♡何度もスロー再生して見ちゃいましたヾ(≧∇≦*)ゝ ドラゴンボールが好きな人は、絶対に見て欲しい!悟空とベジータがすごく良い関係だとゆうことがよくわかります♪ 戦うシーン以外でも、クリリンやヤジロベー達がおもしろいです♪

1 ページ/1 ページ中