ザ・中学教師
3.6

/ 14

14%
36%
43%
7%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(5件)

悲しい28.6%知的28.6%不思議14.3%絶望的14.3%切ない14.3%

  • Kてぃ

    4.0

    長塚京三氏の好演が光る!

    むしろ今の時代にこそ、再放送してほしい映画 ストーリーや後半の展開に難を感じるかもしれないが 前半から中盤まではぐいぐいと引き込まれる 長塚京三氏はその後観月氏とのテレビ共演で キャラを変えてしまい、あの渋さと重みが 無くなってしまったことは残念だが この一本は、ぜひもう一度見たい映画だ

  • drm********

    3.0

    別に…

     DVDで鑑賞。  まあ、良くもなく、悪くもなく…。  長塚さんが一応主役でしたが、内容が散漫すぎて、だれの何を描いていたいのかが 薄れていたように思えます。  このような淡々と話がすすむ物語は嫌いではないのですがこの作品は…うーん、 正直あんまりでしたかねぇ。

  • どーもキューブ

    3.0

    ザ・冷静沈着長塚先生

    アルゴプロジェクト(かつてのATGのような邦画製作団体)プレゼンツ、平山秀幸監督、原作プロ教師の会。本作で中学教師を演ずるは長塚京三。かつて理想の上司ランクインするほどダンディな長塚様。本作でわ冗談まったくつうじなそうな冷静沈着教師になり、中学生活ドラマをおくります。テレビドラマに溢れた暖かい熱血ヒューマン先生の真逆。どこまでも児童と線をひきつつ、子供と向き合います。彼のキャラが原作の持ち味であり見せ場であります!なんかこんな担任だったらいやだなー!平山監督の社会派野心作です!

  • jas********

    2.0

    長塚京三のキャラがいいです☆2つ半

    徹底した管理教育と社会のルールを基に、 生徒指導にあたる一教師の姿を描いたドラマ。 自分が中学生なら、 たぶんいの一番に嫌いな教師の一人になるんだろうけど、 大人になった今の自分から見ると、 筋が通っていて気持がいいです。 生徒達はそれでも問題を起こすのだが、 日本の学園を舞台にしたドラマって、 子供達が皆ふてぶてしいのも この教師に肩入れしたくなる心理が働くのかも。 主人公の決して感情に流されない厳しい教育指導は、 全て生徒のため、 という心情はさりげなく伝わってきます。 いい先生だなぁと思えてしまうのは、 原作自体が現場の教師が書いたものだということで、 やはり大人の視点で作られたせいなのか? 難しい問題なので答えは用意されてないけど、 いろいろと考えさせられた社会派ドラマでした。

  • kan********

    5.0

    これは好きよ

    平山監督作品は『OUT』でやられました。 ズキュ-ンと・・・胸を一発。 ただ『レディ-・ホ-ク』では落胆してしまいました。 個性派俳優を出してるけど、上手く個性が出て無かったですし・・・設定や展開が面白く無かったからです。 本作品はかなり地味です 一中学校の中での教師と生徒とその親との出来事を綴ってます。 劇的な事はほとんどありません。 実直な機械みたいな先生を長塚京三が見事に演じてます。 ただ真面目かと言うとそう言う訳でもなく・・「学校に出て来たく無ければ来ないで良いですよ」とか。 子離れ出来ない母親に「暫く家出しなさい」と言い、家出した母親がホテルで何して良いか分からないと言うと「アバンチュ-ルしたら良いですよ」と薦め、母親が部屋のカ-テンを閉め出したら、いつの間にか居ない。 ※別に自分とアバンチュ-ルしようと言った訳では無く、子供ばかりに目をやらず好きな男でもを作りなさいと言うアドバイスだったようである。 真面目なんだが、変にさばけてるとこが面白い。 卒業生から同窓会に誘われても「卒業した生徒に興味は無い」とハッキリ断るような先生である。 逆に子供を自由にしてのびのび育てようとした女教師の方が窮地に立って・・・残念な事が起こる。 最後は爽やか~とまでは行かないが、小円団で終わる。(大円団まではいかないから) 演技者の個性が生かされた好きな作品である。(^_^)

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ザ・中学教師

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル