ここから本文です

三月のライオン (1992)

監督
矢崎仁司
  • みたいムービー 94
  • みたログ 188

3.52 / 評価:92件

アイスの無邪気な可愛さから目が離せない。

  • なぉすけ。 さん
  • 2021年3月22日 11時26分
  • 閲覧数 336
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

短めなボブヘアーにミニスカートから延びる足、赤いピンヒール。
大きなクーラーボックスから取り出される棒アイス。

自由にスクリーンの中を動き回る主人公・アイスからとにかく目が離せませんでした。
そこにいるだけで場面が映える存在。

そんな可愛い女の子がメンズのスーツ用帽子や丸サングラスやライダースジャケットを身に着けたり、
バイクの後ろに乗ったりする姿の相反する組み合わせがより彼女を引き立たせていてたまらないです。


冒頭の雨のシーンもポスターにも使われているシーンも線路を歩くところもバイクに乗るところも
海に座るところも新宿を歩く姿も鉄橋の上で歩く姿も
どのシーンもとにかく綺麗で印象的で写真集が欲しいくらいどのシーンも素敵でした。

1992年の作品とのことで30年前の東京の風景もまた素敵。
公衆電話ってああいう使い方をされてたのか。


ストーリーは、妹が記憶を失った兄に『あなたの恋人です。』と噓をつき、
そこからはじまる兄妹の生活を描いたもの。
冒頭に『妹は兄のことを愛していて、兄は記憶喪失になったよ!』をさらっと流して
その前提から始まるのも最高にクールでした。
特に詳しい説明があるわけでもなく、ただただ2人は日常を送る。

アイスの可愛さに惹かれながらもずっと切ない雰囲気が漂う作品でした。


観終わった後もいろいろなシーンを思い出して、
何日か経ってもあの曲が頭に流れて浸ってしまいます。




『ゴミめっちゃ捨てるやん!』とか『めっちゃ盗むやん!』とか『犬!!!』とか
小さいのから大きいものまでいろんな犯罪気になるけど、
雰囲気や空気感が素晴らしくて、長年愛されていることに納得の作品でした。



他の方のレビューにもあったけど
同名の漫画の影響で検索埋もれちゃうのが本当にもったいない!!!
(あっちは『3』でこっちは『三』なのに…!)

あっちも面白いけど、こちらも最高の作品なのにな-!!!


あと、出前をあんな風に届けてくれるの面白いな~。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 不気味
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ