ここから本文です

おろしや国酔夢譚 (1992)

監督
佐藤純彌
  • みたいムービー 17
  • みたログ 212

3.34 / 評価:64件

昔こんな人がいたのか…

  • iak******** さん
  • 2020年1月14日 7時10分
  • 閲覧数 525
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

素晴らしい!!これぞ邦画。
内容が濃い!!勉強になった。
大黒屋光太夫の話。むかーし日本史で名前だけ覚えたような。やはり歴史は映画見ながらが一番やね。

大好きな家族がいる。男たちは船で仕事をする。いつもどおり帰れるかと思ったら、波に揉まれて漂流。無事命からがらついたはいいが、そこは見知らぬ異国の地。考え方も言語も顔も何もかも違う異人と過ごす不安の日々。募らす望郷の思い。酷寒の地で足を失う。のこぎりで切られる。

それだけで辛すぎる。想像しただけで泣けてくる。漂流中どんなに焦っただろうか、悲しかっただろうか、辛かっただろうか。日は容赦なく肌を痛めつけ、食べ物も少なく、水もなく、ただただ、神頼みをして陸地を探す。耐えられない。
日本とは違う酷寒の地で、自分が食べたくないものを食べなきゃいけない。でも食べなきゃ病気になる。
「そんなもの食べたら地獄に行ってしまう」に対して、光太夫の「もう地獄だろ」に胸が痛くなった。えとちょわ、で頑張って言語を習得していく様はなんともけなげだ。その地獄の中でも、日本に帰るという夢を捨てず、2年かけて船を作って、オホーツクへ。そこで無碍にされてもなお粘る。吹き荒ぶ吹雪の中、5ヶ月にも及ぶ長旅。庄蔵かわいそうすぎた……。みんなで雪の原野を越える中、庄蔵のトナカイだけ寒さで死ぬ。ソリは雪をくだっていく。みんなはそれに気づかなかったのか、置いてきぼりに。もともと光太夫が、他人に構うな、死ぬぞ、と言っていたのもあるのかも。庄蔵が、トナカイに、がんばれ、うそだろ、と抱きしめていたのも辛かったし、慌てて雪に足を取られながら仲間の走るソリが遠くなっていくのを見て、諦めるでなく、あわててソリを上に戻そうとしてたのも辛かったし、ソリは諦めて自力で歩いていこうとして、倒れてしまったところも、もうもう見ていて怖いし、ぞっとした。悪夢だよあんなの……。光太夫、戻ってきてくれてありがとうでも実際は、トナカイが先に死んだのを見て、どうしようもない悔しさの中に、吹雪の中なすすべもなく雪に埋れて死んだ人も多いと思うと、あああ、もう悲しい。とくに、不遇にも異国の地へ来てしまったかれらだ。はああ。
そして、凍傷で足を失った庄蔵。麻酔もかけられずのこぎりで切られる。断末魔のような叫びをきく仲間も辛かろう。あああ、壮絶。
船作って、荒海航海して着いたのに役人に拒否られた絶望。苦労した地で、なんの音沙汰もなし。足を失う。ようやく都についても、ロシアの役人や女帝、民衆から、日本へ帰りたいなんていう希望を虫ケラのように踏みにじられる。
何回絶望したんだろう。
でもラックスマン、あなたは最後まで偉大だった。ありがとう。ありがとう。あなたのおかげで、光太夫たちも諦めなかったんだと思う。
その他優しいロシア人たち。
光太夫をおもちゃのように扱うエカチェリーナには腹が立った。人前で歌わせる。望郷の歌に熱が入った光太夫に、もういい!もういい!を連呼してやめさせる。散々遊んだのに、また日本の話して、と言って帰っていく。それにすがりつく光太夫。プライドも何もない。とにかく帰りたい。
ようやく帰れても、仲間の1人が帰路でおかしくなりながら死ぬ。他国から帰ってきた奴はとにかく死罪、とお上から告げられる。ロシア人がどうにか長崎だけ、と譲歩してくれたの、ありがたい。交換条件だもの。
俺たちがどんな悪いことをしたの?という問いに、外のものを見たら考えが変わる。フランス革命のように。お上はそれが怖いのさ、とロシア語で会話する光太夫たちの絶望感あふれる表情が印象的だった。

そして、役人に雑に亀甲縛りされ、水平線をみて「ロシアは一夜の夢だったのかな。あっちにいた方が幸せだったのかな」と。
あれだけ切望した帰郷の現実。自分のことだけの政府。絶望という言葉では言い表せないだろうな。あれだけ優しかったロシア人。自分たちをクズのように扱う奉行。
ひどいや……。

その後の2人も悲惨だったんだろうな……。ああああ、考えれば考えるほど悲しい。
深い悲しみに包まれた映画。緒形拳、声がボソボソしてて聞き取りにくかったけど、光太夫らしい。

希望を持てばなんとかなる!!!みたいな、安い友情ストーリーとは全然違う。

本当の幸せってなんなんだろう。すごく考えさせられる映画だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ