ここから本文です

遠き落日 (1992)

監督
神山征二郎
  • みたいムービー 14
  • みたログ 158

3.80 / 評価:30件

解説

 渡辺淳一の同名小説を新藤兼人が脚色、神山征二郎が監督し映画化。後に細菌学の権威となる野口英世の生涯を、母シカとの愛情を中心に描いた感動作。  貧しい農村で暮らす野口家に、清作という名の男の子が生まれた。後の野口英世である。酒飲みの父は働かず、母シカが子育てと農作業を行い家を支えていた。ある日シカの不注意から清作は左手に火傷を負ってしまう。清作は学校でいじめられるが、シカに励まされ、また手術で左手が自由に動かせるようになり、やがて医学の道を志すようになった。清作は英世と改名、上京し医師の資格を得るまでになるが、不自由な左手や学歴の差から教授たちにさげすまれ、酒や女におぼれるようになってしまう。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ