ここから本文です

新・極道の妻(おんな)たち 覚悟しいや (1993)

監督
山下耕作
  • みたいムービー 13
  • みたログ 139

3.06 / 評価:35件

最後セフィロスw

  • muk******** さん
  • 2021年10月14日 13時41分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

極妻シリーズの第6作目で岩下志麻は4作目。
岩下志麻の「わてー」がとにかく面白い。
ギャグワード連発で全体的にホッコリする。

草刈正雄が怪演で話題だが正直いらないだろう
と思った。ストーリーのスパイスとならず邪魔
してるしコントに見える。なぜ最後セフィロスw

梅宮辰夫は恰幅良すぎて優しいお父さんにしか
見えずバラエティ番組出まくりが裏目に出ている

北大路欣也は殺し屋役だが目ヂカラが暑苦しい。
超大物かも知れないが好きな作品が一つもない
ので苦手かな。

かたせ梨乃の魅力はオッパイだけなのに
今作では封印し、見どころ無し。

豪華俳優陣が集結と言うが、役に合って
いなければ大根の豊作になるだけ。

そして昨今のFPSゲーム普及に伴い、銃撃戦の
リアル音に耳が肥えているので作中の銃声
「バキューン!ドキューン!」に噴いてしまうw

「いんだよ日本人の映画なんだからごちゃごちゃ
言わず楽しめよ」とか言って憚らない連中が
いるからいつまでも日本は駄作を量産するんだ
ろうね。

似たような事例が携帯電話。日本最大キャリアの
ドコモが日本仕様にこだわり続けて関係各社は
気を遣って逆らわず、結果ガラケーと嘲笑され
世界に大きく遅れを取ったのは記憶に新しい。

声の大きな奴がトンチンカンな場合、数十年は
暗黒時代を押し付けられてしまう悪例だ。

本作は、オシャレ又はスタイリッシュに
撮ろうとし過ぎて失敗した作品に見えた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ