ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

新・極道の妻(おんな)たち 覚悟しいや (1993)

監督
山下耕作
  • みたいムービー 4
  • みたログ 98

3.00 / 評価:19件

成田が出てたよ

  • 昭和ラッキー さん
  • 2009年9月28日 20時55分
  • 閲覧数 955
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

どーでもいいよね! でもヤツが逮捕されたからココにレビューつけてみたよ。極妻まとめてへのレビューだよ。

80年代の終わりから延々と「えっ?コレ毎年やってるの?」という位、志麻ねえさんがヘンな関西弁で活躍した、嘘っぽいヤクザ冒険活劇。


私は、すごく家田荘子さんがスキ。だから、なんかこの映画が続けば続くほど、もう全然、家田さんが決死の覚悟で飛び込んで渾身の力で書き上げたものから、遥か遠くかけ離れて行ってると思うと、とても哀しい。

志麻ねえさんも、礼子さんもスキ。だから、もうこんなヤクザの話はいらない。
ていうか、今の時代、一体、誰が観てるの?


ちなみにこの、覚悟しいやは、極妻の中でもサイコーにつまんない。

なんかいきなし話が香港とかに飛ぶし、ソフトバンクお父さん欣也様が途中からいきなり出てくるし、そうそう、成田が「死ねや!」といきなり発砲する。
(ああ、成田、こういう方向に行くんだと当時は、ビックラこいたよ。男闘呼組の中で一番人気があっただよ。昔は)


やっぱ、最初の1本目で充分でした。いちおう五社だったしね。
昭和の遺物として観ておきたい人は、最初のヤツをみれば良いかと思う。別に、観なくていいけどね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ