新・極道の妻(おんな)たち 覚悟しいや
3.0

/ 36

11%
19%
33%
31%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(7件)


  • muk********

    1.0

    最後セフィロスw

    極妻シリーズの第6作目で岩下志麻は4作目。 岩下志麻の「わてー」がとにかく面白い。 ギャグワード連発で全体的にホッコリする。 草刈正雄が怪演で話題だが正直いらないだろう と思った。ストーリーのスパイスとならず邪魔 してるしコントに見える。なぜ最後セフィロスw 梅宮辰夫は恰幅良すぎて優しいお父さんにしか 見えずバラエティ番組出まくりが裏目に出ている 北大路欣也は殺し屋役だが目ヂカラが暑苦しい。 超大物かも知れないが好きな作品が一つもない ので苦手かな。 かたせ梨乃の魅力はオッパイだけなのに 今作では封印し、見どころ無し。 豪華俳優陣が集結と言うが、役に合って いなければ大根の豊作になるだけ。 そして昨今のFPSゲーム普及に伴い、銃撃戦の リアル音に耳が肥えているので作中の銃声 「バキューン!ドキューン!」に噴いてしまうw 「いんだよ日本人の映画なんだからごちゃごちゃ 言わず楽しめよ」とか言って憚らない連中が いるからいつまでも日本は駄作を量産するんだ ろうね。 似たような事例が携帯電話。日本最大キャリアの ドコモが日本仕様にこだわり続けて関係各社は 気を遣って逆らわず、結果ガラケーと嘲笑され 世界に大きく遅れを取ったのは記憶に新しい。 声の大きな奴がトンチンカンな場合、数十年は 暗黒時代を押し付けられてしまう悪例だ。 本作は、オシャレ又はスタイリッシュに 撮ろうとし過ぎて失敗した作品に見えた。

  • le_********

    5.0

    ネタバレ仁侠映画ひと筋の山下耕作ならではの味わい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • coc********

    2.0

    極妻で一番つまんない

    志磨さんが綺麗なだけで ストーリーが無茶苦茶

  • dat********

    3.0

    志摩姐さんの国境と敵味方を超越した愛

    すご過ぎです。 国際的シンジケートまで出てくるのですから。 本作はラブロマンスに振っているようでソフトフォーカスな画質が似合います。 ネタ枯れして続行も困難なシリーズを なんとか生きながらえさせる手段が同情すら感じえます。 志摩姐さんも大変です。 この作品も含めて 極妻シリーズをリアルだと捉えるかエンターテイメントと捉えるかによって観る心づもりと感想が変わってくるのではないでしょうか。 余談ですが・・・北大路さんは貫禄が有り過ぎて 役柄と少々ずれがあるような印象でした。

  • 塵乃丸

    4.0

    美しい志麻姐さんを堪能する映画です

    それだけです。 あ。 それだけで、★四つです♪

  • aok********

    2.0

    成田が出てたよ

    どーでもいいよね! でもヤツが逮捕されたからココにレビューつけてみたよ。極妻まとめてへのレビューだよ。 80年代の終わりから延々と「えっ?コレ毎年やってるの?」という位、志麻ねえさんがヘンな関西弁で活躍した、嘘っぽいヤクザ冒険活劇。 私は、すごく家田荘子さんがスキ。だから、なんかこの映画が続けば続くほど、もう全然、家田さんが決死の覚悟で飛び込んで渾身の力で書き上げたものから、遥か遠くかけ離れて行ってると思うと、とても哀しい。 志麻ねえさんも、礼子さんもスキ。だから、もうこんなヤクザの話はいらない。 ていうか、今の時代、一体、誰が観てるの? ちなみにこの、覚悟しいやは、極妻の中でもサイコーにつまんない。 なんかいきなし話が香港とかに飛ぶし、ソフトバンクお父さん欣也様が途中からいきなり出てくるし、そうそう、成田が「死ねや!」といきなり発砲する。 (ああ、成田、こういう方向に行くんだと当時は、ビックラこいたよ。男闘呼組の中で一番人気があっただよ。昔は) やっぱ、最初の1本目で充分でした。いちおう五社だったしね。 昭和の遺物として観ておきたい人は、最初のヤツをみれば良いかと思う。別に、観なくていいけどね。

  • oky********

    1.0

    くだらない映画

    やくざ映画など、造る必要ナシ!大女優が出る映画じゃない。

1 ページ/1 ページ中