レビュー一覧に戻る
まあだだよ

きむらおだお

3.0

面白くはない

愛される人物とその教え子たち。 世界の黒澤が描きたかったのは、金儲けや打算と対極にある幸せに生きて死んでいく人生、だったのだろう。 とても難しく、映画として成功したかと言われれば、けっして肯えないが…。 淡々とした、小津安二郎の系譜にある映画だとは思いました。

閲覧数1,493