レビュー一覧に戻る
まあだだよ

エル・オレンス

4.0

ネタバレ香川京子のベスト名演。

まさか「まあだだよ」ってこういう意味だったとは(笑) 評価が異常に低いですが、これは黒澤にしてはって事ですよね。邦画全体で見れば申し分ない秀作だと思います。 特にストーリーに起伏は無いし(先生が異様に慕われる理由も説明不足?)、黒澤独特のカメラワークや構図によるダイナミックさもあまり見られないものの、先生の話や彼を囲む雰囲気が終始とても心地良く、最後まで楽しめました。特にラストの夢の演出(エンドロールの入り方)は、他の誰にも真似できない素晴らしさです。 全盛期の勢いは確かに失われていますが、自分は、巨匠の遺作が本作で良かったと心から思えます。 そして配役に関しては、松村達雄の好演ぶりはもちろん良かったですが、何より香川京子!『天国と地獄』(1963)といい、本作と言い、この女優さんは、夫を静かに陰で支えながら、いざという時に芯の強さを見せる女房役が本当によくハマります。松村や彼の周囲に対して見せる表情や仕草、台詞すべての合間の取り方が絶妙で素晴らしく、最優秀助演女優賞も納得の名演です!

閲覧数820