二十才の微熱 A TOUCH OF FEVER
3.7

/ 43

26%
30%
37%
2%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(10件)


  • le_********

    3.0

    意味という味を盛り込めなかった平熱作品

    監督・脚本:橋口亮輔、撮影:戸澤潤一、照明:桜井雅章、編集:松尾浩、録音:臼井勝、音楽:篠崎耕平、磯野晃、村山竜二、主演:袴田吉彦、遠藤雅、1993年、114分、第6回PFF(Pia Film Festival)スカラシップ作品。 原題は「二十歳」でなく「二十才(はたち)」となっている。 都内の大学に通う島森樹(たつる、袴田吉彦)は、夜になると、新宿二丁目の売り専バーでボーイのアルバイトをしている。店の二階にあるボーイのたまり場には数人のボーイが待機している、その中の宮島信一郎(信、遠藤雅)は、密かに、たつるに好意をもっていた。・・・・・・ ゲイでもある監督の橋口亮輔のデビュー作品であるが、映画としては、この次の作品となる『渚のシンドバッド』(1995年)のほうを評価したい。 たつるを中心に、たつるに好意をもつ先輩女子・頼子(片岡礼子)や、信の周辺の仲間や信に好意を寄せる女子らの姿も描いており、大人として登場するのは、頼子の両親や売り専バーの店長や店の客などわずかである。 明らかに、二十歳前後の若者の生態や心の迷いに焦点を当てているのは確かであるが、監督の意図するところがはっきりせず、感情移入もままならず、観終わってからも特に感情が動くこともない。後味がわるいというのではなく、味がしないのである。「ああ、そういう存在感を現わしたかったのか」というだけであって、これでは「ハタチの平熱」だ。 この映画には、映画に不可欠のエンタメ性がない。雰囲気は伝わるにしても、雰囲気を感じ取ればいいというわけでもないだろう。脚本があってカメラがあってロケもしてさまざまな時刻を切り取りながら、ほとんどこれだけの作品しかつくれないのは、ひとえに監督が力量不足だからであろう。この初監督映画をつくるまでに、この監督は、映画を観てきているのか。映画そのものを好きなのか。撮ることが好きなのか。 ドラマの前提となるゲイの少年や売り専を出してきたことも、どんな効果を狙ったのかはっきりせず、意味不明である。 ラストの長回しも、雰囲気のなかで袴田を泣かせるためにとられた手段としかみられず、臨場感を徹底させるという長回しの目的とは別だ。 しかし、なぜか嫌いにはなれない映画だ。

  • WXYは知ってても、それだけじゃ

    3.0

    ハカマ

    ゲイの客だった男、娘は先輩だった。その娘と男、母親の一家とで食卓を囲む。 事情を知らずにはしゃぐ母娘、そこの気まずさは極値。食事が喉を通らない訳だ。 それ以外のさや当てシーンは付け足しの様なもの。

  • おおぶね

    4.0

    草食系男子の先祖?

     「微熱」というのが微笑ましい。確かに二十歳前後というのは訳が分からなくて、微熱にずっとかかっているようなものだ。最高に笑えるシーンがあるのだが、ネタバレになるので書かない。  今の草食系男子というのはこんなふうなのかもしれない。  クイアな男子は見るべし。

  • hai********

    4.0

    ゲイ映画と言うより青春映画の良作として

     上野の「世界傑作劇場」でかかるゲイムービーは以前からあるけれど、商業邦画としてゲイを正面から描いた青春映画は初めてだったのではないだろうか。 橋口亮輔監督はたしか30歳そこそこでこの映画を撮り、その評価で有名になった。この後「渚のシンドバッド 」「ハッシュ! 」でも商業邦画としてゲイを描く。  倦厭せずに、レンタルショップで見かけたら、まずは一見して欲しい。男女問わず、あなたが若い方ならば、鑑賞前と鑑賞後では、ちょっとだけだが、世界が違ってみえると思う。そして、この映画が興味本位にゲイを描いた映画ではなく、良質な青春映画であることを了解していたただけると思う。多くの賞を獲得した映画だ。  主人公は、はっきり自分がゲイであると気がついてはいない。体を売っるバイトをしているのも、むしろ、てっとり早く金を稼ぎたかったのかもしれないし、自分探しをしたかったのかもしれない。彼は、この時期、バイセクシャルで、きっと30過ぎて、普通に結婚したのではないだろうか。だから「微熱」なのだろうと思う。  むしろゲイとかノンケとかいう前に、主人公は若い時に特有の、あの孤独感を持ち、そして孤立している。そんな自分をそれほど苦と感じているのでもなく、結構、それなりにハードボイルドに生きていると思っている。  そんな普通の青年として主人公「樹」は描かれる。彼は、等身大の青春群像のひとりであって、特別な人ではない。もう15年ほども昔の映画だが、今、観ても「樹」は、私たちのそばにいそうなリアリティがある。  彼がはじめて「人間」という存在を意識するのは、はからずも彼が何気に立ち入ったゲイの世界。ややこしく、いざこざだらけの人。この滅法面倒な人の関係性に、青春時代の一時、「樹」は奔騰されることになるのだ。「微熱」を出しながら、人間関係のややこししさに、少々病気になる。それは誰もが経験してきた青春の1コマだろう。  人間ドラマの描き方。この後の作品にも通じるが、橋口亮輔、いたく繊細なのだ。また、かの世界の風俗描写も克明に出てくるが、必要以上に熱くもなく、また醒めてもおらず、卑下も過剰な自尊心も露にせず淡々と描かれていく。脇に配置された登場人物も、よく作りこんであると思う。    ゲイという世界をそれだけにとじこめず、普遍的なテーマに変換し、青春群像劇に仕立てたことが成功した理由なんだろうと思う。  話は別だが高橋伴明監督がこの映画の後「愛の新世界」を撮ってたいへん評価された。「愛の新世界」は昼は女優の卵、夜はバイトの若いSM嬢を鈴木砂羽が好演する。両作ともいわゆる「風俗」を描きながら、興味本位に走らず、結構サバサバしたタッチが似ていて私は好きな映画だ。  映画評論家で私の敬愛する淀川長治さんは、本作の橋口亮輔と北野武をことあるたびにプッシュしておられた。元気のない邦画に新風を起こせる監督として、両名に期待していたのだろう。  余談だが、淀川さんはゲイ映画には特段に詳しかった。「太陽がいっぱい」のトムとフィリップはゲイ関係にある、などとディティルを分析しながら書いておられたのを思い出す。  私ごとだが、若いころ、同僚がカミングアウトし、その場に立ち会っていた。でも、この映画を観ていたおかげで、茶化すことなく、彼の切ない思いをなんとなくだが理解できたように記憶している。

  • 石井隼人

    4.0

    ゲイもの!?とあなどるなかれ

    監督自身の体験が色濃く出ているという、ほぼ自伝的作品。 自分というものをイマイチ見つけることのできない青年の話。 すごく切なくなったのを覚えています。

  • どーもキューブ

    5.0

    微熱を突き破る発熱

    橋口亮輔脚本監督助演。ぴあスカラシップ作品、単館ヒットした本作。見直してやはり、素晴らしい熱をおびた作品だ。袴田吉彦は、両親を恐らく好きじゃない。感情も冷たい大学先。彼はホモバーで稼ぐ事に抵抗も好意もなくこなしている。不思議な袴田君に惹かれる大学先輩の片岡礼子。ホモバーの同僚高校生、遠藤雅。その彼女の山田純世が袴田君に絡む四角関係の物語。(山田さんの存在、「ハッシュ」のつぐみ、詮索する女性と似る)橋口監督のフィルムぎわが好きだ。地下鉄の線路内をカメラがグーンと進む2カットが「真夜中のカーボーイ」を想起させる!(マッチ、カメラを撮る仕草等)彼らの煮え切らない孤独や人恋しさ、傷つけあいは微熱のようなもんで、袴田君のお客様は明らかな発熱を希求する。ラスト橋口監督自身(このシーン超必見、コミニケイトが着火する素晴らしさ!)が突き破る発熱は、二人にとって実に苦々しいもしくわ、清々しい大人の熱なのかもしれない。袴田君のラストの顔が嬉しそうに成った。橋口監督の素晴らしい熱に乾杯!

  • gog********

    5.0

    精神科に行かせるなんて

    TSUTASYAさんで借りて、いま二十歳で検索したら、いっぱいでてきたよ、映画の題名。普通の高校生がゲイの高校生に告白され戸惑う話。こんな映画あったんだと思った。違う価値観との対決がナチュラルに、ちょっと緩いけど絵が描かれていてお勧め。浜崎あゆみ!動いている。

  • noh********

    4.0

    不思議な四角関係。

    ちょっと不思議な四角関係のお話でした。 主役は大学生の樹(男性)。 他に、彼の事が好きな信(男性)、樹のサークルの先輩の頼子(女性・樹の事が好き?)、信の事が好きなあつみ(女性)。 信や頼子が樹への想いを寄せるけど、樹は拒むわけではなく、かといって積極的に受け入れている様子もない。 あつみは信に想いを寄せているが、信はあやふやな態度・・・。(樹への想いが強いかな?)。 最初と最後のホテルのシーンではどうしても「ゲイの映画」って意識しちゃいます。 けど、全体を見れば、そう強くは感じませんでした。 この作品を以前にレビューされている諸星大五郎さんの言葉を借りれば、とても良い「青春映画」との印象を受けました。 樹はつかみどころのない青年。どこにでもいる青年。 寂しい青年の印象は受けるのですが、周りの人々に対し、わかろうとも、わかってもらおうともしない。 そして、それでもいいと思っている。 そんな青年、今はどこにでもいるのかなって。 そんな姿に当時の自分を重ねながら見ていました。 この作品はレンタルしている店が近所には無く、結局ネットオークションで手に入れました。 それだけの価値は充分すぎるほどありました。 この作品の存在を教えていただいたred armorさんに感謝します。ありがとうございました。 補足。 私が見たセル版には特典として樋口監督、そして出演されていた袴田吉彦さん、片岡礼子さんのインタビューが入っていました。 (撮影当時の収録ではなく、DVD版を発売する時に改めて収録したとものと思います。) とても面白かったです(裏話が色々でてきて・・・)。

  • oio********

    4.0

    ゆらゆらゆれる。

    ゆらゆらゆれる、からだとこころ。 何かに諦め捨てながら、守るべきものを持たずにたゆたう日常。 何かを諦めた無垢な心は拒絶を知らず、また追う事も知らず。 何が良いか悪いかという決めつけからも離れ、 ただその全身の力を抜き、手放し、たゆたう事で己を示している。 もうそれは男だとか女だとか、そんな区分けすらどうでも良くて。 ただこころというものが置かれる場所、肉体にすぎない存在。 そしてその証拠と言わんばかりに、誰でもいい肌を合わせ、 そこに確かに宿る温度だけを頼りに、 何かを辛うじて繋ぎ止めてみようとするかのように。 でもそれが何も無い、何でもないことはすでにわかっている。 しかし他に何をしたらいいのか…、 何かを選べと迫る日々に、欲しいものは其処にはなく。 『なんでもないものになりたい』 ここにあるもの以外のものになりたい。 ここに自分はいない、それだけは確かで。 そんな、静かな存在で示す君に、惹かれて集う、似たこころたち。 かれらは待てず、そこに見当たる適当な、つまりは何でもいい入れ物の中から、ちょっとはましなものを見つけて入る事をよしとする。 それが欲しいものでないことを承知しながら、またそれすらも判らないほど迷子になったりしながら。 だから、そんな何でもない貴方に惹かれる。 なんでもないものは、なんでもあるのだから。 それは君であって、私でもあるから。 でもそれは、結局いっしょ。 欲しいもののない事はみんないっしょ。 ゆらゆらゆれる、やっぱり同じ迷子だよね。 それは、誰もが必ず生きるひとつのとき。 ある人はそれを青春と言い、 ある人はそれを永遠のときと感じる。 ゆらゆらゆらゆら、ゆれること。 ゆらゆらゆらゆら、何処にも本当の場所はなく。 何かに触れているようで、何処にも触れない、時でありながら、 ふいに『久しぶりに人と話した』気がする瞬間。 そんな風に事故の様に垣間見えた瞬間と瞬間を重ね、 何故か、心が苦しく痛んだり、どうしようもなく涙が出たり、 そうした事が少しづつ、少しづつ。 肉体だけでない、そんな自分との出会いなんだね。 そうしたことを重ねていくんだね。 一度で出会った自分には、もうウソはつけない。 そんな事にも出会っていくんだね。 ゆらゆらゆれる、君という存在の通り過ぎる一つの情景として。 剥き出しの無垢そのままさながらの、涙を流す、何かに触れる、 そんな君の道行きとして。 フィルムとなって永遠に刻みつけようとする、そんな試みなのでしょう。

  • r6a********

    5.0

    好きかな

    ストーリーもよかったですが 個人的には頼子さんのおうちでのタツル君の食事のシーン。 お父さんもお母さんもいい感じ。なんかリアルで笑ってしまいました。 よかったです

1 ページ/1 ページ中