ここから本文です

ラストソング (1994)

監督
杉田成道
  • みたいムービー 50
  • みたログ 163

4.45 / 評価:53件

解説

 ロック・スターを夢見て上京した2人の若者と1人の女性との青春群像劇。監督はTVドラマ「北の国から」の杉田成道。主演の本木雅弘は第6回東京国際映画祭で主演男優賞を受賞した。レコード・デビューを夢見て博多でライブ活動をするロック・バンド“シューレス・フォー”のヴォーカル・修吉(本木雅弘)は、ある日の会場で一矢(吉岡秀隆)に出会う。彼の天才的なギター・テクニックに惚れ込んだ修吉は、ギタリスト・ケンボーを追い出し、一矢を加入させる。そして、庄司倫子と共に上京し、レコード・デビューを果した修吉らだったが、それも泣かず飛ばず。遂にはバンドも解散し、修吉は無情にもディレクターから「歌をやめてマネージャーになれ」と告げられる…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ