テス

TESS

171
テス
3.7

/ 307

25%
38%
21%
9%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(45件)


  • arl********

    4.0

    原作がいいのであろう

    原作がいいので面白い映画なんだと思う。ただ映画としては「アレックの悪さ」が中途半端だったと思う。テスがとことん憎むような奴にしないとね。 ナスターシャ・キンスキーの美しさが際立った映画ですね。

  • shoko

    4.0

    原作を読んでみたくなりました。

    とにかくナスターシャ・キンスキーが美しい。 まさに絶世の美少女。 ロリコンのポランスキー監督が、彼女が15歳のころからつきあっていたことなど、つい思い浮かべてしまいます。 19世紀末のイギリスの暮らしが詳細に映され、興味深い。 特に労働や田舎の人々の描写が。 でもストーンヘンジまででてくるのに、あまりイギリスっぽくないなぁと思ったら、フランスで撮影されたのですね。 それでも絵画のような美しさはピカイチで、アカデミーの撮影賞、衣装デザイン賞、美術賞を受賞しているのも納得です。 ストーリーは、みなさん思うかもしれませんが、過去のことなんか、言わなきゃいいのに、です。 自分の心の重荷かもしれないけれど、本当に相手のことを思うなら、こんな秘密は墓場までもっていかなきゃならない。 それを聞いたエンジェルも、あの対応はないよ。 でももちろん時代やキリスト教の倫理観を考慮して考えると、このようになったことも理解できます。 かわってテスを手込めにしたダーヴァヴィル家の息子、アレックはそこまで悪人ではないので、テスのまっすぐさとか、いろいろな運命のいたずらで、こういう悲劇となってしまったのですよね。 これがあの有名な「テス」かぁ、と見ることができよかったのですが、残念ながら大絶賛できないのは、上映時間が恐ろしくながいこと。 3時間と知っていたら、夜遅くにみなかったのに。 終わった時、実はちょっとほっとしてしまったのですが、もしかしたら原作を読むとこの作品の深さがよくわかるかもしれません。 いつか機会があったら原作本も読んで、眠くない時に、再チャレンジしてみたい映画です。 今の時点では4つ星進呈。

  • pri********

    5.0

    ナスターシャ・キンスキーの出世作

    若い頃のナスターシャ・キンスキーの美しさは神々しいと言っても過言ではないでしょう。 その後は、あまり作品に恵まれず小作品が多くなっていきます。 パリテキサスも名作ですが、あまり彼女の出演場面は少ないですから。 これほど存在感がある女優はそういないと思うのですが。 美しくも切なく悲しいストーリーです。

  • kaz********

    2.0

    あまりにも長すぎる、退屈、おもしろくない

    ナターシャキンスキー扮するテスは相当な美貌の持主。この映画は、その外見を最大限に活用し文芸作品の映画化を狙ったものであると思われる。しかし、私にはこの作品は長かった。そして、あらすじはくだらなかった。極めつけは、全くおもしろくないこと。おそらく外見が美貌という理由で惚れ込む二人の男たち。この男たちに全くいいところがないのが残念。くだらん男たちなのだ。英国の田園風景をたくさん映し出していたが、そんなもんではわりに合わんほど、もう一つな作品であった。

  • par********

    5.0

    ナスターシャ・キンスキーが美しい

    ナスターシャ・キンスキーが美しい。僕がいままでにみたどの映画の女優よりも美しかった。 近世に生きる女性の息苦しさを見事に映像化していたと思う。それが過剰に重苦しくならないのは撮影の美しさによるものだろう。豊かな自然だけではなく、貧しい農家の暮らしも丁寧に写すことで、当時の生活することの過酷さが知れそして力強く生きるテスの生き方に心が揺さぶられる。 いま観るとエンジェルの冷たさが目に付くが、最後に純愛にたどり着く物語は感動的だ。

  • cxd********

    4.0

    ネタバレ頑固な女のストーリー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cal********

    5.0

    全ての女に捧げられている

    今や信じられない豪華な映像と 一斉を風靡したナスターシャの一番美しい姿を見るだけで損はない。 とは言え若い人からするとよくある物語かも。 50過ぎた女が観るのが最も辛く面白い。 誰もが自分はテスだと気づくから。 50を過ぎた男ならこうはなりたく無いと我が身を振り返り 出会った女に感謝しようと思うだろう。 あまりにも美しく映画向きのラストシーンだと思ったら トマスハーディの原作自体がそうだった。 名作家の国葬は伊達じゃ無い。 映画向けに少しセリフが柔らかくなった。 物語自体、暗喩の構図もくっきりしていて 失敗しようの無い話だけれど、 ディテールをふんだんなお金と技術で確実に映像化して 鮮やかすぎる物語に重みと落ち着きを与えた。 監督が奥さんをなくして10年後の映画、 献辞はあるけれどシャロンテート事件の影は ほぼ無いと思います。 事件とともにこの後のポランスキー監督の荒んだ?私生活?の 免罪符になった感のある堂々たる女性映画。

  • エル・オレンス

    5.0

    ネタバレ美しきナスターシャを包む素晴らしき映像。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kun********

    3.0

    美しい女性

    出だし楽し気に踊ってる無垢な少女達 ラスト近く古代遺跡で生贄が行われたとかの話 それが言わんとすることのヒントらしいが良く分からない。 3時間の大作で途中リタイヤするかもと思いながら、見続けられたのは飽きない テンポの所為でしょうね。 間と言うか、リズムが大事なんですよね。 地味な映画とか派手な映画とか有るけど、結局これが最後まで楽しめるか否かの違い。派手なアクションで退屈しないか?と言えば同じ物を何度も見せられれば 嫌気がくる。 クローズアップされがちなテスの美しい顔、プルンとした唇で口笛を懸命に 鳴らそうとするところ何か、確かに凄く魅力的だけど、それもリズムがあればこそ。 文学など余り関心が無いから、これが文芸大作だって事すら知らない。 映画紹介も地味で最後まで見られるかどうか半信半疑だったけど 最後まで自分の様な者でも見られたのは監督さんの腕でしょうね。

  • bak********

    4.0

    ネタバレプライドが壊す幸せ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kuw********

    2.0

    ネタバレ映画には収まりきれない…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tos********

    3.0

    監督の言葉と悲しさ

     19世紀イギリス。貧困農家のジョンは、自身が貴族ダーヴァビル家の血筋と知り、娘のテスを大金持ちのダーヴァビル家に奉公に出す。しかしそこの息子アレックに犯され、実家に帰ってくる。それからのテスの流転の生涯を描く。  テスの波乱の人生を描いたメロドラマは、長尺ながら見応えがありました。まだ幼さも残っているナスターシャ・キンスキー。アレックのセリフ「その美しさを世界に知らしめろ」というのは監督自身の言葉のようでした。  オープニングロールの最後に「シャロンに捧ぐ」とあり。NHKはしっかり日本語で表記してくれたので、見落とさずに済みました。作品公開の前年に、事件で妻シャロン・テートを亡くしている監督が悲しい。

  • Bon

    3.0

    ネタバレテスってイイ女

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ple********

    4.0

    ネタバレ個人的な希望を言えば・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • al2********

    4.0

    ナスターシャキンスキーの代表作

    マカロニウエスタンの悪役やニュージャーマンシネマなどの怪優クラウスキンスキーにこんな美人の娘が! と当時話題になったナスターシャキンスキー主演、ロマンポランスキー監督が撮った大作メロドラマ。 19世紀末イングランドを舞台に貧困で日々の暮らしにも苦労する一家の長女テスが二人の男に愛され揺れ動く。運命のいたずらと自身のプライドで人生の歯車が少しづつ狂いはじめる・・ 美しい19世紀イングランドの片田舎の風景、家屋、衣装など、オスカー受賞もうなづける時代再現のこだわりはポランスキーならでは。 ナスターシャのハッとする美しさと運命に翻弄される薄幸な主人公を見事に映し出してる。 その後「ホテルニューハンプシャー」や「パリ、テキサス」などの話題作には出てるけど知名度のわりに出演作に恵まれてないのは残念。 まだ十代の若さ輝くころにポランスキー監督に認められ彼女の代表作といえる「テス」が作られたのは幸運だろう。 3時間弱の長尺だがわかりやすいストーリー展開とナスターシャの美しさをじっくり楽しめました。

  • NUG

    2.0

    長い

    このストーリー展開で3時間は長すぎる。結末に至らしめる主人公の感情描写が薄く盛り上がりに欠けた。

  • spi********

    5.0

    分身?

    なんでエンジェル役にこんな冴えない感じの役者さんを選んだんだろう?と思ったんです。 テスの運命の相手という割にはちょっと物足りない気がして。 しかし、DVDの特典映像を見たら、なんだかポランスキー監督に似てる。 もしかして監督の分身のつもりだったのかなぁと思いました。

  • oce********

    3.0

    映像は語る

    所詮はメロドラマといってしまえばそれで終わりだが、ロマン・ポランスキーの演出や映像の美しさは愛を繊細に写しだす。 少女テスが周りに翻弄されていくシナリオの中で、放蕩な息子と純粋な青年の間で悩まされる。 結局テスの意思は報われることなくあのような形になったわけだが、それでもテスは愛を貫く。 そのラストのにストーンヘンジを用いたことによって、より神秘性が増したように思う。

  • npp********

    4.0

    これほどの美貌は罪なのか・・・

    貧しい農村暮らしでも現状に満足していたテス。 両親は娘のテスの気持ちなど無視。金銭に目が眩む・・・ あまりにも波乱なテスの人生を描く。 親にも、最愛の人にも裏切られるのは辛すぎる。 彼女は贅沢な暮らしを望んでいたわけではないのに・・・ テスを演じるナスターシャ・キンスキーの美貌は凄まじい。 その美しさを目の前にしたら男は狂ってしまうに違いない。 穏やかな風景とは裏腹に、残酷な運命が待ち受けている。

  • mor********

    4.0

    たいへんですなぁ

    タイトルだけは知っていたんですが、小説だと見る気にならない陰鬱なストーリーだったので、分かりやすい映像で見れてよかった。 ナターシャ・キンスキーが超ポランスキー好みの女性なので、監督の性癖垣間見るような感じで見ていてドキドキしました。この監督の女性趣味ブレないですね。 女優の目力のおかげか、ドロドロした展開にもテス自身の清廉さが汚されない感じが漂って最後まで、清潔感溢れるストーリーに見えました。全然そんな事ないんですけど。 日本で描かれると嫌われ松子なのかなー。それにしても暗いしすくいようのないストーリー。なんで海外ではこんな話がウケるんだろう。 ポランスキーの映画は、やりすぎないエンタメ性に富んでいるので見ていて飽きる事がなかったです。

1 ページ/3 ページ中