ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない
3.2

/ 55

11%
29%
38%
13%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(12件)

かっこいい19.4%勇敢13.9%コミカル11.1%楽しい11.1%不気味8.3%

  • ter********

    4.0

    ビーデル、トランクス&悟天での行動は珍しいし、ブロリーとタイマン張るビーデル凄い

    ブロリー作品の2作目です。 ビーデル、トランクス&悟天がメインで登場してて、この組み合わせでの行動は珍しいなと思いながら楽しめました。 ドラゴンボールZのブウ編によくあるギャグ要素も作品内に多々あり、これまでのフリーザ編やセル編とは異なる雰囲気での映画なのは良かったかなと思いました。 それと、ブロリーは手加減してるのだろうけど、ブロリーとタイマンを張るビーデルさんは凄いなと思いましたし、前回のブロリー作品とは少し異なる倒し方だったのも良かったです。 楽しめました。

  • 宮崎是彰

    4.0

    ストーリーは薄いがド派手

    ストーリーは薄いですが、ブロリーが派手に暴れてくれる作品です。 見ていて楽しめるアクションと悟空やベジータといった従来のメインキャラ以外が活躍するなどちょっとした変化も面白く感じました。 個人的にはドラゴンボール劇場作品でも上位にくる作品だと思います。

  • JUNJUN

    3.0

    感想

    かなり子供向きの内容です。

  • par********

    4.0

    ネタバレ俺がいねぇと守れねぇのかぁぁぁ?!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ひゅう助

    4.0

    ちょっぴり子供向けにされた、対ブロリー戦

    はい、またまた出ましたドラゴンボール祭り。今回は第10弾ということですね。今回の敵はなんと!またまたブロリーだ!! またもや今作でブロリーの圧倒的な強さを見せられる。いやーそれにしても強い。さすが「伝説の超サイヤ人」だけあるわ。 それにしても今作、かなり子供向けにカスタマイズされた劇場版です。悟天の小便ならまだしも、トランクスのおもらしなんか、子供が喜びそうな展開ばかりです。 さすがの(どの?)オレでもこれには幻滅する。ああ、子供時代は懐かしきや・・・。 ラストはドラゴンボールの力を借りて、悟空が天界から降りてきて、親子3人かめはめ波でフィニッシュ!ここだけは爽快感があるね。やっぱり悟空がいないとこのシリーズは締まらん。 クリリンはまあドンマイ。次作で活躍できるから、ここは我慢しろ。 ☆4つで。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない

原題
Dragon Ball Z : Broly Second Coming

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-