レビュー一覧に戻る
ストリートファイター II MOVIES STREET FIGHTER!!

iri********

5.0

ネタバレ半ズボン

スト2の映画が公開されるらしい。 どうやら酷評が目立つので、観るの辞めとけってこと? だから、このアニメを観て復習してから、観に行こうと思う。 さて、今作のスト2だけど、総勢16名からなるマニアなかせの物語である。 中学生のころ、ゲーセンで当時50円でよくやったけな~。 何してたんだろ・・・。 舞台は現代。 政治家らしき人物が、黒塗りの高級車から降りてきたところから始まる。 そこへ走ってきたのはキャミィ。 この人あまり知られているかは、定かではないけど、あまり有名なキャラじゃない。 女です。 極限までのハイレグだった・・・ハイレグだったパツパツのコスチュームで、当時のムラムラしてた幼き煩悩を癒してくれたセクシーキャラ。(変態) キャミィ、いきなり政治家のボディーガードをボコボコにすると、政治家に飛びつき、首の骨をへしおります。 この女の人、謎の組織「シャドルー」に洗脳されてるらしい。 この組織、知る人ぞ知るあの50円何回使わせるんだ~俺のおこづかいを、おこづかいを・・・のベガ。 元ボクサーや顔を見せないナルシストなど、彼らが最高幹部・・・らしい。 そのあと、あっけなく逮捕されたキャミィは、身柄をインターポールに引き渡されます。 キャミィの出番は、 「ここで終了」 「シャドール壊滅作戦」みたいなのが立てられます。 その任務を担うのが、そうです、お待たせしました。 春麗(チュンリー)です。 みなさんはどちらで呼んでいました? 僕は春麗。(そういう話はいい!) なぜかしらないけど、捜査官役なのね。 インターポール本部でもチャイナドレスの春麗さん。 インターポールとアメリカ軍が協力してシャドール壊滅作戦にあたろうということになり、春麗は、アメリカ軍の少佐であるガイルを訪ねます。 ガイルって足長いんだよね~あれって反則じゃねぇ?(ゲームの話はいい) ここまでまだ、登場していない、リュウとケン彼らは 「主人公」 ここまで観てると完全に主人公は春麗に感じる・・・。 可哀想なキャラもいるんです。 拳法使いのフェイロンは、香港にやってきたリュウと偶然出会い、闘いを申し込み、ボコボコにされる。 戦いが終わって、「リュウ、また会おうぜ」と渋く見送るフェイロンでしたが、当たり前のように、もう登場しない・・・。 サンダー・ホークはケンに勝負を挑んで一撃でやられ、何の見せ場もなく退場・・・。 エドモンド本田やダルシムは「強い闘気を感じる」と言いながら、戦いを放棄・・・。 ディー・ジェイはガイルに「シャドールに気をつけろ」と忠告のみの登場。 「戦っていない」 ザンギエフとブランカに至ってはストーリーと無関係な脇役をやらされる・・・。 さて、悲しみに浸ってる場合ではありません! リュウ、ケン、春麗、ガイルの主人公達、そしてベガをはじめとする四天王で物語は進められていきます。 リュウの永遠のライバル、ケンですが、 「スポーツカー」 に乗って登場。 ケンの服装が、 「半ズボン」 いい大人が「半ズボン」。 着ているパーカーのスソを「半ズボン」に入れている。 笑わしているつもりはないんですが、本当にそうなんです! ファッションセンスがないケン・・・。 サガットは適役ということで、僕自身サガットは大好きなんだけど、オープニングでリュウにやられて以降、戦わない・・・。 バルログ、ビルから落ちて死ぬ。 そしてなにより、このアニメのすごいところは、大幅に 「戦闘シーンカット」 これだけエネルギーを使ったアニメは初めてだぜぇ。

閲覧数563