釣りバカ日誌7
3.3

/ 46

4%
37%
50%
7%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(14件)


  • tos********

    3.0

    「断釣の思いで大食」

    浜ちゃんスーさんは、東尋坊で田上彩子と知り合い三人で釣りを楽しむ。スーさんは偶然歯科医の彩子と再会し、一緒に釣りに出かける。しかし、スーさんは、浜ちゃんに嘘をついていたのがばれて。  なんかスーさんの奥さんが出てこないためか、暴走気味のスーさん。二人の友情に、こんなに切なくなるとは思いませんでした。いい加減、専務は浜ちゃんに何回もあってるだろうに。  今回からみち子さんは、浅田美代子。ちょっと合体という雰囲気じゃないのが残念だけど、よりアットホームな感じです。出会いの設定も変更されています。戸川純は、今回で最後なのも残念。

  • サンゴ

    3.0

    スーさんからハマちゃんへ大量のラブレター

    BSJAPANの釣りバカ日誌シリーズ全作放送の時に唯一見逃していたのがこの7。 最終作まで見た身としては、当然ハマちゃんも若いけど、とにかくスーさんが元気なのが嬉しい。 年をとるにつれスーさんの釣りシーンがなくなって寂しかったけど、7では最初から元気いっぱいに釣りしてる。 やっぱ釣りバカ日誌はこうでなくちゃ。 ただ、この7、中身はペラッペラ。 たいして中身がないのが釣りバカ日誌シリーズの特徴でもあるけど、7ほど薄かったのは珍しい。 スーさんが名取裕子さん演じるヒロインに再会し、釣りに行く約束をする。 その後でハマちゃんから釣りに誘われるが、仕事だと嘘ついてヒロインと釣りに。 そこでばったりハマちゃんと会い、嘘ついていたことがばれ、大喧嘩に。 痴話喧嘩はほぼ毎度のことだけど、今回、ハマちゃんが怒りすぎなのだ。 それだけのことなのに、嘘つかれた、裏切られた、もう信じられない、絶交だ、となってしまい、釣りやめる、会社やめる、ってところまで行ってしまう。 仲直りのためにスーさんがハマちゃんの部署に十数枚もFAXを送ってくるのだけど、その文面が可愛らしくて笑ってしまうのだ。 「メバルが僕らをまっている」「すべて私が悪いです」「私の好きなもの、ハマちゃんの笑顔。怒った顔嫌い」「あなたごのみの男になりたい」 「ずっと淋しかった、ずっと」「師匠、私を見捨てないで」「二度と裏切りません」「もう嘘はつきません」「許して許して許して」「反省してる、ほんとうに」「水に流してナーンちゃってウフッ」「許して師匠」「怒らないで」「フィンノールあげる」「カーボンロッドあげる」「ごめん、ごめん、ごめん」「ずっと釣り教えて下さい」「すべて私が悪いです」「師匠あっての私だと肌身にしみました」 (録画を一時停止して、読めた範囲で書き起こしました) いくらなんでもあまりにも内容のない回だったので、★2にしようと思っていたのだけど、このFAX攻撃と仲直りの宴会シーンなど、ハマちゃんとスーさんのいちゃいちゃが存分に見られて楽しかったので★3にしてしまいました。

  • qaz********

    4.0

    劇場で観たハマちゃん

    前にレビューした「拝啓車寅次郎様」の同時上映作して立川シネマシテイで鑑賞しました。 それまでTVでちょくちょく見ていたので初めてのスクリーンで見るハマちゃんでした。 しかし、スーさんと揉める下りは気持ちが重くなりました。 しかし、ラストは意外なドデン返しで爽快になりました。

  • kun********

    4.0

    安定感が有っていいな。

    釣りバカは 面白い~そこそこ の間の安定感が有って、0作、00作何処を 見ても楽しめる良さ。 ドラマだから有りえない偶然に嬉しくなる。 フィクションならではの良さですね。 こう言う事を普段ナににげに想像しにやつく事ってある。 美人歯科医っておじさんには嬉しい。痛くて堪らなく、もう何処でも良いから早くと飛び込んだ医院が美女の歯科医って、宝くじに当たった程のうれしさでしょう? そんな経験がまだ無いけど、きっとそうですよ。 しかし人生は良い事ばかり続かない。結局切ない別れ。 主題は寅さんによく似てる。 名取裕子のふんわりした女の色香に包まれたい男子にスーさん。 浜ちゃんとの友情か、女の色香か? 男なら当然取るべき道は決まってる。 浜ちゃんはスーさんに裏切られ切々とその思いを涙ながらに語るけど、ここは 泣く処じゃないですが、名演につられつい涙。西田敏行は名優です。 これと言ったアイデアは有りません。マンネリと言われればそうです。 お決まりのリズムの心地よさですよね。 ピエロ顔のスーさんの涙 ペーソスのおまけでしょうか?

  • kih********

    3.0

    相変わらずのバカバカしさを今日も楽しむ

     相も変わらぬ釣り“バカ”ぶり。それでも飽きずにこれを楽しむ。いい加減マンネリ化しそうなところだが、そこはそれ、巧みにリニューアルがしてある。鈴木建設内の人事異動だ。どこの世界でも、マンネリ防止の特効薬は人事の刷新ということか。  美人歯科医師と出会った釣りバカ師弟コンビが、他愛もなく争奪戦を展開する。詰まらぬウソをついた「弟子」の方が圧倒的に不利。優位に立った「師匠」が責める責める。そういう攻防のなかに肝心の美人は元の家庭に戻っていく、つまり逃げられる。  ま、こういうバカバカしさを楽しむのもよし。気難しいばかりが映画ではない。深呼吸が必要な感動ばかりが映画ではない。もちろん、バカバカしいだけが映画ではないけど。

  • abn********

    5.0

    喧嘩のかけあいが面白い

    悪酔いした浜ちゃんとスーさんが喧嘩するシーンがすごい面白かった。 脚本もそうだけど役者がいい。 浜ちゃんの怒り方とスーさんの転び方がうまい。 意外と転ぶのって下手な役者が多い。

  • jackal1979

    4.0

    師弟愛!

    浜ちゃん、すーさんの絆が確かめられる作品。  普通に楽しめるけど、やはり石田えりの降板は残念。マドンナ(名取裕子)が出てくるのも今後パターンになってくるのかな?

  • pog********

    3.0

    普通に楽しめます

    役者がまた少し変わりましたが、普通に楽しめました。

  • wak********

    4.0

    安定したおもしろさです

    毎度の安定したおもしろさです。今回は浜ちゃんスーさん絶交の危機になりますが、浜ちゃんのキャラクターとそれが作り出す周りの人々のあたたかさでホッとするような気持ちと人間関係の勉強になりますね。ミチコさんがこの回から変ったみたいで、前の女優さんの方がよかったと言う声が多くて石田さんのバージョンしか見ないという方も多いようですが、私は最初に見たときから浅田美代子さんで、石田さんの時のをみるとイメージが違うので私は浅田さんのしか見ません。どちらにしても途中で変わるというのはちょっと受け入れがたいですね。それにしても楽しくて明るくて、人間こうやって生きて、幸せに過ごすべきだと、この競争社会に疲れたときなんかに見ると、癒されると思います。

  • ann********

    4.0

    浜ちゃんと鈴さんが大喧嘩

    浜ちゃんと鈴さんが福井の越前・若狭へ釣りに出かけた。そこで美女(名取裕子)に出会う。東京へ帰り、鈴さんは歯が痛くなり近くの歯医者へ行ったら福井で会った美女が働いていた。二人は釣りを通して親交を深めた。その後、鈴さんは浜ちゃんから釣りに誘われたがそれを断り美女と釣りに出かけてしまった。しかし、その現場で浜ちゃんと会ってしまう。浜ちゃんは鈴さんに裏切られたと思い二人は絶交してしまう。浜ちゃんは仕事にも身が入らず退社を決意する。。。 「釣りバカ」ファンでしたらいつも通り楽しめる作品だと思います。今回はジーンと感動するシーンもあります。この作品は「釣りバカ日誌S」のその後の作品。今回からみち子さん役は「石田えり」から「浅田美代子」へ変更された。個人的にはがっかりだが仕方ない。

  • goo********

    4.0

    浜ちゃんとスーさんがゼッコウ。

    浜ちゃんはショックで退職願いを提出。 本当に友達を失うことにショックを受けるひとなんだね。

  • rah********

    4.0

    初老の男の淡い恋と男の友情の問題

    初老の男(スーさん)の淡い恋とそのビターな終わり。男の友情を裏切られた熱血漢の中年の男(ハマちゃん)が怒るが、しかしその後の和解への成り行きは心温まる。離婚した女性が元の亭主と復縁するというめでたい話が付け加わる。大人の男と女、男と男の関係の小さな波乱とその解決のストーリーがコミカルにしかし温和に描かれ楽しい。

  • fbx********

    1.0

    うんざり

    三國連太郎をこんな映画で終わらせたくない。 名優の晩年がこんな糞映画なんて哀しい。 本当に日本映画界はどうかしている。 ワンパターンのマンネリ。 魅力ない人間たち、薄っぺらな人情話。 それ以上に何かある?

  • ひろし

    3.0

    なんで代わったんだ

    浅田美代子は役者として他と格が違うだろ…

1 ページ/1 ページ中