レビュー一覧に戻る
釣りバカ日誌7

サンゴ

3.0

スーさんからハマちゃんへ大量のラブレター

BSJAPANの釣りバカ日誌シリーズ全作放送の時に唯一見逃していたのがこの7。 最終作まで見た身としては、当然ハマちゃんも若いけど、とにかくスーさんが元気なのが嬉しい。 年をとるにつれスーさんの釣りシーンがなくなって寂しかったけど、7では最初から元気いっぱいに釣りしてる。 やっぱ釣りバカ日誌はこうでなくちゃ。 ただ、この7、中身はペラッペラ。 たいして中身がないのが釣りバカ日誌シリーズの特徴でもあるけど、7ほど薄かったのは珍しい。 スーさんが名取裕子さん演じるヒロインに再会し、釣りに行く約束をする。 その後でハマちゃんから釣りに誘われるが、仕事だと嘘ついてヒロインと釣りに。 そこでばったりハマちゃんと会い、嘘ついていたことがばれ、大喧嘩に。 痴話喧嘩はほぼ毎度のことだけど、今回、ハマちゃんが怒りすぎなのだ。 それだけのことなのに、嘘つかれた、裏切られた、もう信じられない、絶交だ、となってしまい、釣りやめる、会社やめる、ってところまで行ってしまう。 仲直りのためにスーさんがハマちゃんの部署に十数枚もFAXを送ってくるのだけど、その文面が可愛らしくて笑ってしまうのだ。 「メバルが僕らをまっている」「すべて私が悪いです」「私の好きなもの、ハマちゃんの笑顔。怒った顔嫌い」「あなたごのみの男になりたい」 「ずっと淋しかった、ずっと」「師匠、私を見捨てないで」「二度と裏切りません」「もう嘘はつきません」「許して許して許して」「反省してる、ほんとうに」「水に流してナーンちゃってウフッ」「許して師匠」「怒らないで」「フィンノールあげる」「カーボンロッドあげる」「ごめん、ごめん、ごめん」「ずっと釣り教えて下さい」「すべて私が悪いです」「師匠あっての私だと肌身にしみました」 (録画を一時停止して、読めた範囲で書き起こしました) いくらなんでもあまりにも内容のない回だったので、★2にしようと思っていたのだけど、このFAX攻撃と仲直りの宴会シーンなど、ハマちゃんとスーさんのいちゃいちゃが存分に見られて楽しかったので★3にしてしまいました。

閲覧数1,363