レビュー一覧に戻る
ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス

ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス

Lupin the 3rd - Farewell to Nostradamus

98

相模の住民

4.0

ネタバレ栗田ルパンデビュー作はテロリストとの戦い

1995年に公開された本作ですが本編の収録直前にルパン役の山田康雄氏が 急死、そこで急遽ルパンの物まねを通じて山田氏と親交のあった栗田貫一氏 を代役に立てる事に… ストーリーは宮崎ルパンにありがちな人助け的な感はあるが自作自演による 破壊工作を繰り返すノストラダムス教団にさらわれた娘ジュリアを持つ ダグラス家の親子は当初は不二子以外のルパン一味に不信感を持つが (まあ世界的大泥棒だから致し方ないか!?)次第にルパンと娘ジュリアを 通じて最後は和解に至る展開が良かったです。やはりラストの場面ですが 事件に巻き込んでしまったある少年へのフォローでしょうか? 不二子は最後まで裏切らずルパンとダグラス家に忠誠を貫いた きれいなジャイアンもといきれいな不二子ちゃんでしょう(笑) ただ銭形ととっつあんとサッカーブラジル代表が作中の玩具にされたのは 残念です。 作品は勿論栗田氏の評価も良くこの年夏のハリマオの財宝を追えから 正式にルパン役を任されたそうです。 エンディングの曲は21世紀もルパンは続くような雰囲気でしたがその通り ルパンは21世紀も続きました。

閲覧数765