ここから本文です

アンネの日記 The Diary of Anne Frank (1995)

監督
永丘昭典
  • みたいムービー 8
  • みたログ 48

3.83 / 評価:12件

素晴らしい。

  • appassionato さん
  • 2007年8月30日 15時09分
  • 閲覧数 442
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

今もなお世界各地で、残酷な戦争は起きている。アンネは未来にどんな希望を抱いていたのだろうか。少なくともこんな世界ではなかったなずだ。戦争の下で、将来への希望と、友情、淡い恋を育んでせいいっぱい生きたアンネ。その言葉を伝える彼女の日記。それが、見事にアニメでよって映画化されている。

この映画の表現力は素晴らしい。
彼女が生きるために住んでいた部屋からは、アムステルダムの美しさや四季の変化からは遠いように思える。しかし、アンネが感じるごく些細な季節の息吹が、美しく、切なく描かれている。さらに、一人の少女としてアンネが描かれている点は特筆すべきだ。

そんな映画に色を加えているのがナイマンの旋律。この映画の使用曲の多くがピアノ曲である点も素晴らしい。ピアノ独特の冷たさ、繊細さ、優しさがこの映画にピッタリです。そして、途中に流れるヒラリー・サマーズの歌う『IF』には感動。そして、最後に流れる『WHY』。どちらも歌詞を味わって下さい。まるで詩のように優しく語りかけてくれます。繊細で、情熱的で、感傷的。どちらも映画と相性が良すぎて驚かされます。
 
残酷なシーンを直接出さず、戦争の重さ悲惨さを表現していて、
大人はもちろん子供にもおすすめです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ