さよならニッポン! GOODBYE JAPAN
3.6

/ 14

36%
29%
14%
7%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(8件)


  • nekoneko

    3.0

    十分面白かった

    だがしかし、冒頭の体ふきふき撫でくり回しシーンは必要ないやろと思った

  • Тунгуска

    2.0

    テーマはいいんだけど

    「自分の住む地域を独立国家にする」 妄想が好きなら一度くらい考えるし、小説やコント赤信号のネタでも見たことがある、現実にシーランド公国なんてのも存在する。 そういうワクワクさせてくれるテーマの邦画があると知って喜んで観てみたんだけど、序盤盛り上げたところからテンションが維持できず、途中から退屈な話になってしまった。 荒唐無稽な話がベースなんだからもう少し羽目を外してもバチは当たらないのでは、と思うくらいなんか堅い場面が続き、あぁ島民の実情とか沖縄の自然とかそういうのを訴えたかったのかな、という感じのラスト。 そういうのを真面目に考えたい人にはいい映画なんだと思います。

  • hikaru

    1.0

    眠かった

    そのうち面白くなるだろうとずっと見てたけど 最後まで身を乗り出すようなシーンはありませんでした。 緒形さんのご出演なのと、レビュー数が少なかったので 見てみる気になったけど、 どうも私は堤監督とはセンスが合わないみたいです。 海や空の映像は綺麗だけど、神がかりな事は苦手だし そんなバカな!と思うシーンや、意味不明な映像が多すぎます。 女遊びしながら、島を守るとか言ったって説得力ないんだけど。 男の人はどうだから知らないけど 女の私にとっては不快なシーンが多くて… 変なエロシーンやラブシーンなんか入れないで ちゃんとした映画にするか、 いっそ腹を抱えて大笑いできるコメディなら 退屈しなかったと思うけど あれじゃ緒形さんがお気の毒な気がしました。 申し訳ないけど私にはこの作品の良さがわかりません。 あ、エンディングの曲は中々良かったけど あの作品じゃヒットは無理ですね。 アイドルを起用するなら別だけど。(爆)

  • ニコニコ37

    4.0

    愉快、面白い。

    とに角、この映画は面白いです。何回も見てます。 地方分権が言われているので、いろいろ考えさせられます。 難しいことを抜きにしても面白映画です。 私は好きです。

  • cre********

    5.0

    大変好きな映画です

    今までの邦画にはないテーマをコメディで撮っています。奇想天外なストーリー。楽しくて楽しくてもう全く飽きない作品でした。もっとくこういう映画沢山作って欲しいですね。

  • pum********

    4.0

    意外と勉強にもなる!?

    沖縄の小さな島が日本から独立。村長が総理大臣。 無理やり検問所をつくり、国境と定めてパスポートの提示を願う。 現実問題、独立宣言をだしてもアメリカなど大国に認めてもらえず宙ぶらりんの状態の国が意外と多いのに驚き勉強になった。ストーリーの途中でいきなり吹き出してしまう楽しい独立国の誕生(本人達は必死に独立宣言)。

  • tra********

    4.0

    日本から独立宣言 赤尾根古国人口700人

    まいった。この間ポール・ニューマンの訃報を聞いたばっかりなのに、今度は緒形拳ですか。マジでショックでかいなぁ。でもこんなときにこそ敢えてコミカルな作品レビューしてみましょうね。 この映画、ちょっと文句言わせてもらえば、まったく無意味にHなシーンを出すことだな。こんな意味もない裸出すもんだからせっかく面白い映画なのに家族で観ることができない。裸みたければ、もうAV観ればいいだけのことなんだから、一般の映画で意味もなくお色気入れるの勘弁してもらいたいですね。 と、のっけから文句行っちゃいましたが、とっても楽しい映画です。ホント面白かったですよ、これ。でもなんで無意味な裸入れちゃうかなぁ…返す返すももったいない。 ポリティカル・コメディとでも言うんでしょうか。ある日突然、日本から独立宣言をした小さな島があった。ただコミカルなだけじゃなくて、ほんとにこんなことあったらどうなるのかって考えると、少し考え込んじゃう含みがあります。お勧めだな。 沖縄諸島のはずれのはずれにある人口700人の小さな島、赤尾根古(あかおねこ)島。小さいながらも琉球王朝時代でも独自の文化を持っていた。しかし、琉球、薩摩、日本、アメリカ、また日本といつの時代も他国に支配されてきたという不幸な歴史の島だ。 やれリゾート開発だなんだと島の聖地を荒らされる。大型台風の被害が出ても援助は沖縄本島とその周辺だけで首相の被害視察も沖縄本島だけだ。ついに赤尾根古島の住人達の堪忍袋の尾が切れた。「独立だ」 日本政府に独立宣言をたたきつけ赤尾根古国が樹立した。初代大統領は村長さん(緒形拳)。東京の赤尾根古出身の学生のアパートが急遽赤尾根古大使館となり、島の有線のDJは沖縄民謡風の国家をノリノリで放送している。「浜風そよぐ赤尾根古~ぉ♪あいやあいや♪」。豊かな地下水脈で農産物は自給率100%、そして新鮮な海産物もどっさり。喰うには困らない。 国際法に照らすと独立宣言は宣言をした時点でその主権が認められるそうな。そして南太平洋の小国や独立運動の末独立を勝ち取った国々がつぎつぎと赤尾根古国を承認する声明を出してきた…。日本政府は対応に右往左往だ。 島民ののんびりした会話と政府の役人の慌てた会話や終始冷静な官僚のキャラがユーモラスで楽しい。奇想天外って奴ですかね。自衛隊をヤシの実や竹やりで撃退するのはまあお約束のギャグってことで笑って流してくださいな。 食料が自給できてのんびり暮らせたら、別に便利じゃなくてもいいじゃない。お金なんかなくてもさ。でもね、村長さん、のんびりしてるだけじゃない。実は相当したたか者でしてね。米軍巻き込んで赤尾根古独立を確固たるものにせんと裏工作をめぐらせる。決して聖人君子ではなく、その策士振りもいいですね。何でもこなせる緒形拳がぴったりだな。 いやーホント面白い映画でした。なんでレビューがひとつもないのかな。…かく言う私も実は緒形拳の訃報を聞いくまではこの作品忘れてました。緒形拳の代表作いっぱいありますから、そっちレビューしようかと思ったんですがね。こういった小粒な面白い作品にもいっぱい出てましたよね、緒形拳。だからマイナーな作品を哀悼をこめてレビューさせていただきました。 さようなら緒形さん。数々のすばらしい映画ありがとうございました。

  • ksw********

    5.0

    面白い!

    とにかく精神的に面白い映画。 浅そうにみえて実は考えさせられます。

1 ページ/1 ページ中