ここから本文です

(1995)

監督
降旗康男
  • みたいムービー 12
  • みたログ 130

3.32 / 評価:22件

ドロドロ過ぎることがなくてよかった

  • qny***** さん
  • 2011年1月26日 18時08分
  • 閲覧数 597
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

昔の日本の身分格差や世間体などを踏まえていて、衣装や建物のディテールやお酒造りにしても拘って作られていた作品でした。悲しくも力強く生きる目の不自由な烈の生き様に感動しました。目の不自由なことをコンプレックスと考えず生きる姿が観ていて良かったです。烈の強さが伝わってきます。
烈や他の女性達の恋心もドロドロし過ぎてないのが作品の全編の流れと最終的にも良い形に終えたと思います。ドロドロだと作品が確実に崩れます。
いろいろ知ることもあり、以外にものめり込める作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ