ここから本文です

デス・レース2000年 (1975)

DEATH RACE 2000

監督
ポール・バーテル
  • みたいムービー 37
  • みたログ 389

3.41 / 評価:152件

おバカ映画だが、B級映画侮れず!!!

  • fg9***** さん
  • 2017年2月23日 15時19分
  • 閲覧数 643
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは、解説のとおり。
 1975年の作品で、舞台は西暦2000年という設定で、それを2017年になって初めて観ることになる。
 観始めて、直ぐに吃驚!
 これは民放でのテレビ放送は絶対無理だろう。
 「デス・レース」の中身が、一般人などを轢き殺すと得点が加算される方式なのだ。
 「女性は年齢に応じてプラス10点、10代の若者は40点、12歳以下の子供は70点、そして75歳以上の老人はなんと100点だったか?」、と言うのだから呆れて物が言えない。
 エピソードの一つとして、もうじき殺人レーシングカーが通過することを知った病院の医師や看護婦が、車椅子の老人達を車道に並べて高見の見物と洒落込むのだが…おいおい、本当に轢き殺してしまうのと観続けると、殺人レーシングカーは車椅子の老人達の脇をすり抜け、病院の前で見物する医師や看護婦を跳ね飛ばしてしまうのだ。
 不謹慎ながら、痛快!と感じてしまった。
 結末は、B級映画どころか、なかなか練れていて、実況中継の司会者が、「競争と殺戮はアメリカの文化だ!暴力の何処が悪い!」とかなんとか新大統領に向かって喰ってかかるのだが、新大統領がこの司会者に対してとった行動が、またまた痛快!!
 また、ストーリー的には意味の無いオッパイ露出や、喧嘩の弱いチンピラ役のシルヴェスター・スタローンも出演していてなかなか愉しめた。
 おバカ映画だが、B級映画侮れず!!!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ