ここから本文です

幻の光 (1995)

監督
是枝裕和
  • みたいムービー 64
  • みたログ 573

3.11 / 評価:180件

映像美を味わう作品

  • jkc******** さん
  • 2019年10月1日 0時38分
  • 閲覧数 936
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

尼崎の貧しい街並みの中でも、奥能登の自然に囲まれた寒村の中でも、モノトーンの装いで絵になる江角マキコの佇まいが素敵。ただ、それ以上に何か魅力を感じるかというとそれは無いかな…という感じ。
まず関西弁がぎこちない。(子役の方が上手い)
江角マキコは尼崎の貧しい街に生まれ育ち、古びた木造住宅で貧しい暮らしをしてきた女には見えないし、母親になった後も親戚の子供を連れて歩いている未婚の女性のよう。
喋っても違和感、役の設定にハマっていない違和感が凄いですが、それらに目をつむると、映像としては美しいので、見る価値はあると思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ