ここから本文です

Shall we ダンス? (1996)

監督
周防正行
  • みたいムービー 102
  • みたログ 4,101

4.03 / 評価:811件

いい感じだった

  • yuw***** さん
  • 2019年11月1日 0時41分
  • 閲覧数 1067
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

見たのは何年も前だけど、「いい感じの映画」という印象が残ってる。
その後、ハリウッドのリメイクも出て興味がわいたけど。
やっぱりこれは「日本人男性の中でも堅物系の人が社交ダンスしちゃう映画」ってところがおもしろかったわけなので、ハリウッドのほうはあまり関心ないかな。(実際見てみたらおもしろいのかもしれないけど)

主人公も、そして役所広司自身も、ダンスとは無縁なイメージ。
そんな人がダンスに懸命になっていくのを見るのはただただ楽しい。
主人公は、ひたすら健気にダンスの練習に打ち込んでいく。
周りの竹中直人や渡辺えり子のダンスは濃かった。特に竹中直人は(笑)。
けれど二人の濃さが、主人公の健気さをさらに引き立てていて、とても良かった。

初めて見た時、意外に感じたのは、家族にバレた時の主人公の態度。
「そんなに引かなくても・・・」と思った。
けれど、ダンスを始めたきっかけが、ある女性に見とれたから・・・だったんだった。そっか、それじゃ後ろめたいのかな。

草刈民代のダンスはとにかくきれい。首筋の後ろのラインはまさにバレリーナ!
・・・実はあとから社交ダンスのプロの人じゃないと知って少しがっかりしたけど。でも映画を見ている時は違和感なかった。立ってるだけで存在感あるし。

社交ダンスはあまり知らなかったんだけど、その世界の空気感も少し感じられて良かった。「一人じゃできない」ってとこが大変そう。「相性のいい相手を見つけないと」ってところも。

私、ダンスを見るのが好きなんだけど。
プロじゃなくて、ちょっと上手な人が上手に踊るダンスよりも。
未経験の人が覚悟決めて健気に練習して踊るダンスのほうが見ていて楽しいし、好き。
なんだろうな、まっすぐな気迫か何かが感じられるのかな。

だからこの映画はとても好感がもてた。いい感じの映画だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ