ここから本文です

Shall we ダンス? (1996)

監督
周防正行
  • みたいムービー 102
  • みたログ 4,102

4.03 / 評価:812件

地味なサラリーマンの成長ストーリー

  • rsk******** さん
  • 2019年12月30日 3時25分
  • 閲覧数 1272
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

社交ダンスっておじさんおばさんのものって勝手に思ってましたが、すごく楽しそうだな〜って思わせるような内容でした。
ダンス仲間はみんな一人一人個性があって、竹中直人さんのライバルになる二人も憎めない素敵な魅力を感じました。
ラストのダンスシーンが大好きです。社交ダンスという世界に新しい自分を見つけた主人公の顔と、トラウマを乗り越えたヒロインの顔がとても素敵で感動しました。
ダンスシーンは全体を通して圧巻です。みんな若い〜と思いつつ見てると、こんなに動けるんだ!?プロみたいだとびっくりします。

以下は批評というか愚痴です。
後半から、ぶち壊しにする妻と娘が見てて本当に不快でした。ど緊張であっても初舞台を頑張っていた主人公のダンスシーン、何かあるだろうなぁとは思っていましたが、「お父さん」と音楽の途切れで叫んでしまうKYな娘。案の定主人公は動転してとんでもない大失敗をしますが、原因の妻と娘は不甲斐ない夫と言わんばかりの視線を投げかけそそくさと会場を出てしまいます。その時点でもうイライラしてしまってダメでした。最後まで「あの時はごめんね」もなく。
なんならダンスから身を引いてしまった主人公に娘は「かっこよかったんだから続けなよ」って流石に馬鹿なのかなぁって口から出てしまいました。お前がいうのか....って感じです。こんな娘持って可哀想です。
妻も帰りが遅い夫に不倫を疑うのはわかりますが、あまりにもダンスに理解がなさすぎる気がします。車があるのに自転車で通勤させ、連日筑前煮しか作らないのか?と言わんばかりの同じおかずを作って恨めしく愚痴愚痴している始末。この親子と暮らしてたらたしかに社交ダンスのような非現実に逃げたくなるよなぁと思いました。みててここまで不快になったのは初めてです。妻役女優さんは今も素敵な方で応援しておりますが、娘役は終始棒で一人だけ浮いてるんですよね。表情も同じ顔のまま変わらないんですよね。他の役者さんと演技の差がひどかったです。ヒロインも多少棒でしたが表情から身振り手振りは素晴らしいものでした。
不完全燃焼です。すっきりと今後の主人公を考えて後味の悪さもあります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ