ドラゴンボール 最強への道
3.2

/ 34

12%
21%
47%
15%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(6件)

勇敢20.0%コミカル20.0%かわいい13.3%楽しい13.3%かっこいい6.7%

  • bpp********

    2.0

    懐かしい!綺麗な絵!でもあれっ?

    原作通りにやってた序盤は最高!しかも原作に近い絵と色合いが最高!ちゃんと下ネタも削らずやったのは何気に凄いことだと思うw 問題は皆さんも感じてるレッドリボン軍の所。原作より3年位早くレッドリボン軍と戦ってる設定なのは判るがブルー将軍の扱いは雑だし、ブラックが全く違うキャラデザになっていた。そして戦艦と戦うのはドラゴンボールの世界観と全く合っていない。悟空が初めて泣く相手がはっちゃんだったのも違和感。 ここを巧く料理していれば傑作になり得たかも知れないのに残念。

  • par********

    4.0

    ネタバレ出来損ないなのはおめーの方だ!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oce********

    3.0

    伝説は新たに

    原点に戻ってドラゴンボールをリメイク。 その意気込みは正しい。何よりもこの頃は原作は終了し、アニメ版も終了。 もう無理矢理作ってもオリジナルを貶めるだけだ。 ブルマとの出会いからレッドリボン軍までの戦い。 キャラを要所要所に挟み込み無理なくつなげている。 ハッチャンが活躍するのは嬉しいが、飛ぶこと出来たっけ(笑) アニメも新しく"改"をやっているので、こんな感じで原作をリメイクした映画化もありかと。

  • gag********

    4.0

    神龍

    当時の映像と比べると凄く綺麗になっている。 テレビアニメのドラゴンボールをうまく編集されコンパクトにまとめられている。 亀仙人の声が違くなってる。

  • aru********

    2.0

    原作を下手にいじらないで

    7つ揃えると何でも願いがかなうドラゴンボール。 それを集めている少女・ブルマは、ドラゴンボールを持つ少年・孫悟空と出会う。 悟空はドラゴンボールを集める旅に同行することにし・・ 僕はドラゴンボール世代です。 ずっとジャンプを読み続け、アニメも見ていました。 後半はパワーインフレでマンネリしていましたが、終わってしまったのが残念でなりません。 そんな中、2013年春に鳥山明も関わったドラゴンボール映画が公開になるということで、ワクワクした勢いで本作を見ました。 初期の総集編っぽいあらすじだったこともあります。 原作のままの冒頭、悟空とブルマの出会いに嬉しくなりましたが、僕にはここがピークでした。 原作のレッドリボン軍までのエピソードをコマ切れでつぎはぎしますが、軸になるストーリーは原作を離れた別物です。 総集編ではありません。 原作をそのまま持ってくるか、完全な別物とするか、ハッキリした方が良かったと思います。 本作のように、下手に原作をいじられるのは一番嫌です。 原作のレッドリボン軍までの話では、亀仙人の下でのクリリンとの修行や、桃白白のところなんかが凄く好きなので、そこが入っていなかったのは残念でした。 見方を変えれば、中途半端な本作に入れ込まれなくて良かったのかもしれませんが。。 亀仙人とブルーの声も気になりました。 元の声優さんが無理だったにしても、もうちょっと違和感のない人を起用できませんでしたかね? ドラゴンボールは大好きでも、これまで劇場版に良い印象がありませんでした。 冒頭で期待しちゃいましたが、今回も印象は変わらないままでした。 来春の劇場版こそは、よろしくお願いします。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


野沢雅子孫悟空
鶴ひろみブルマ
愛川欽也亀仙人
飯塚昭三ハッチャン
古谷徹ヤムチャ
龍田直樹ウーロン
渡辺菜生子プーアル
内海賢二レッド総帥
佐藤正治ブラック参謀
島田敏ブルー将軍
掛川裕彦ホワイト将軍
江川央生メタリック

基本情報


タイトル
ドラゴンボール 最強への道

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-