ここから本文です

ドラゴンボール 最強への道 (1996)

監督
山内重保
  • みたいムービー 2
  • みたログ 148

3.18 / 評価:34件

原作を下手にいじらないで

  • aru***** さん
  • 2012年9月25日 22時34分
  • 閲覧数 1872
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

7つ揃えると何でも願いがかなうドラゴンボール。
それを集めている少女・ブルマは、ドラゴンボールを持つ少年・孫悟空と出会う。
悟空はドラゴンボールを集める旅に同行することにし・・

僕はドラゴンボール世代です。
ずっとジャンプを読み続け、アニメも見ていました。
後半はパワーインフレでマンネリしていましたが、終わってしまったのが残念でなりません。

そんな中、2013年春に鳥山明も関わったドラゴンボール映画が公開になるということで、ワクワクした勢いで本作を見ました。
初期の総集編っぽいあらすじだったこともあります。

原作のままの冒頭、悟空とブルマの出会いに嬉しくなりましたが、僕にはここがピークでした。

原作のレッドリボン軍までのエピソードをコマ切れでつぎはぎしますが、軸になるストーリーは原作を離れた別物です。
総集編ではありません。

原作をそのまま持ってくるか、完全な別物とするか、ハッキリした方が良かったと思います。
本作のように、下手に原作をいじられるのは一番嫌です。

原作のレッドリボン軍までの話では、亀仙人の下でのクリリンとの修行や、桃白白のところなんかが凄く好きなので、そこが入っていなかったのは残念でした。
見方を変えれば、中途半端な本作に入れ込まれなくて良かったのかもしれませんが。。

亀仙人とブルーの声も気になりました。
元の声優さんが無理だったにしても、もうちょっと違和感のない人を起用できませんでしたかね?

ドラゴンボールは大好きでも、これまで劇場版に良い印象がありませんでした。
冒頭で期待しちゃいましたが、今回も印象は変わらないままでした。

来春の劇場版こそは、よろしくお願いします。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
  • 勇敢
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ