ここから本文です

トキワ荘の青春 (1996)

監督
市川準
  • みたいムービー 40
  • みたログ 342

2.94 / 評価:133件

悶々

  • mottainainer さん
  • 2016年8月18日 18時26分
  • 閲覧数 1503
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

トキワ荘での生活に興味を持ったので視聴しました。
皆、限られたお金の苦しい生活の中で、奮い立たせようと盛り上げようとしながら、共同生活を頑張っていたのですね。

随所に風景の実写が出てきます。
当時を生きた世代の人には自分自身の暮らしとつながり懐かしさが得られると思います。風景描写が長いです。
しかし、高齢の方々の耳がこの音質の台詞を聞き取るのは困難に思います。

淡々とした作りが監督の狙いなのかもしれませんが、私は最後まで見ることができませんでした。その最大の理由は、台詞が聞き取れないところが散在するからです。音が割れたりこもったりした感じになるのは昔の音声技術のせいもあると思いますが、発音のせいもあると思います。映像だけのシーンも多いので、早送りすると、台詞はまったく分からなくなるし。なので半分ほど見て諦め、あとは物語をサイトで調べました。

モックンを起用したのがせめてものすくいですね。モックンは、台詞がよく聞き取れるし表情だけの演技でも間が持つ。けど、そうでない俳優さんもいる。主人公と会話する相手が何を言っているのか、とても気になって消化不良です。

時代にこびない漫画家を主人公にした設定は良かったと思いますが、最後まで視聴者を鑑賞させることが、評価の前提だと思いますので、悪い評価で住みません。

漫画家さんのお話なので、エンタメ性も期待したのですが、楽しめる映画ではなく、苦しさの残る作品でした。

ー追加ー

気を取り直して最後まで見てみました。ラストシーンの子どもとの場面が良かった。『背番号0』を付けた野球少年の礼儀正しい姿に、カタルシスを感じました。だから☆を1つ追加します。
これは、時代に流されない寺田の信念の正しさを表したかった作品なのだなとの主張を感じました。だから、手塚治虫は冒頭にちょっと出てくるだけです。
編集者が漫画家に感想を言うところは、作風を見せてほしかった。作品が移っていないので、響かなかった。いろいろな漫画家の漫画をもっと撮して欲しかったけれど、寺田さんの『背番号0』以外は視認できませんでした。

それにしても、他の人がみすぼらしい身なりの中で、なぜ寺田だけ高級そうな服を着ていられるのかが、疑問でした。

登場人物が、誰が誰を演じたのか、最後のクレジットが出るまで全員は分からなかった! テロップを出すか、もう少し、台詞に名前を入れてほしかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ