ここから本文です

FRIED DRAGON FISH THOMAS EARWING'S AROWANA (1996)

監督
岩井俊二
  • みたいムービー 46
  • みたログ 576

3.75 / 評価:72件

岩井俊二監督って不思議だなー

岩井俊二監督はとても好きです。
「Love Letter」と「花とアリス」。この2本がたまらなく好きです。
この2本は、全てがとても美しい作品です。
監督も脚本も、それ以外も製作全般やってます、みたいなところも好きです。
「花とアリス」に至っては、音楽も凄く素晴らしいですが、作曲までやっちゃってるそうです!!
「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」も好きです。
「四月物語」もストーリ的にはいまいちですが、綺麗な作品だと思います。
昨年公開された初のプロデューサー作品(網野酸というペンネームで脚本にも参加してます)「虹の女神 Rainbow Song」もとても感動しました。
岩井俊二監督は、上述したような青春映画を作ると、とても美しく綺麗で素晴らしく、大好きです。
でも、上述したような青春映画とは、一線を画したような変わった世界観の作品もつくられています。
「Undo」はわけわかりませんでしたし、「Picnic」も異常な世界でした。
自分としては、こちらの系統の作品は好きになれません。
残念ながら、「FRIED DRAGON FISH THOMAS EARWING'S AROWANA」 は、こちらの異常な世界観の作品です。
確かに映像は、それなりに美しいですし、音楽もいいです。
でも異常な世界観です。
浅野さんも出てますし、拳銃も出ますので、「Picnic」的な感じです。
したがって私は好きになれません。
「Love Letter」や「花とアリス」を製作した監督と同じとは思えません。
本当に岩井監督は、多彩で不思議な魅力の監督なのだと思います。
やはり天才なのでしょうかね!?
自分はその片側(美しい世界のほう)しか理解できませんが・・・・。
岩井俊二監督!!「虹の女神 Rainbow Song」もとても良かったです。
是非、また青春系の美しく切ない映画を見せてください!!
待っています!!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ