ここから本文です

FRIED DRAGON FISH THOMAS EARWING'S AROWANA (1996)

監督
岩井俊二
  • みたいムービー 50
  • みたログ 577

3.75 / 評価:73件

みっちょん

  • int***** さん
  • 2009年3月25日 21時15分
  • 閲覧数 627
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

本当はCHARAをキャスティングするはずだったんだよね。でも、『PicNic』観るとCHARAは『FRIED~』に出なくてよかった気がする。プーは芳本美代子で正解でした。「熱帯魚も音楽を聴く」くだりでプーがナツロウに買って来たマーラーは私がクラッシックを意識的に聴くきっかけとなりました。スピーディーでありスローな要素も50分という短い時間の中にちゃんと印象的に配置され、エッジの効いたキャスティングの強烈な印象も全て最後の『Break These Chain』で美しくノスタルジックに収束されて、当時深夜TV常習犯であった高校生の私にセンセーションを呼び起こしてくれました。それ以前から、関西テレビ深夜枠で『オムレツ』や『夏至物語』によりマニアックな中学生となってしまって以来、岩井作品だけは外せません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ