ここから本文です

スーパーの女 (1996)

監督
伊丹十三
  • みたいムービー 49
  • みたログ 1,242

3.88 / 評価:281件

遅ればせながら伊丹十三の凄さを知る

  • @tkitamoto さん
  • 2020年4月30日 17時59分
  • 閲覧数 419
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

筆者は若い頃映画を志した者である。(現在といえば、単なる何者でもない)。
そんなワタシが心酔したのは、「ゴダール」であり、「小津」であり、「溝口」であり、「森田芳光」であり、「ジム・ジャームッシュ」である。
そこで伊丹十三はどんな存在だったかといえば、もちろん森田芳光の「家族ゲーム」に出演しているのだが、彼の映画とは疎遠であった。

「お葬式」はかなりの評判になり、TVで見たことはあったはずだ。
だが、以後「◯◯の女」シリーズは単なるプログラムピクチャーのように感じ、映画監督に作家性を求めるワタシには興味の対象ではなかった。

1997年、既にワタシは映画を諦めていたが、伊丹十三は亡くなった。
それから20年以上になるが、ワタシと伊丹十三の接点は見いだせなかった。

2020年、こうして伊丹十三の映画について、好意的な文章を書くことができるというのは大変幸福だ。
数年前、CS「日本映画専門チャンネル」にて録画してあった伊丹十三映画を見るに至った。
(録画して見ていないということも問題なのだが…)

見るに至った動機もやや軟弱だ。
ワタシも映画を若いときに志した関係で、短いシナリオのようなものを構想しているのだが、その参考になればという思いがあった。
宮本信子というミューズをどのように伊丹十三は撮ったのかということに興味があった。

「スーパーの女」は、単純に面白い。

現在この文章を書いているのは、2020年4月、新型コロナウイルス感染症が蔓延し、この先どうなるかという時期である。
数ある商店が自粛という名で閉店に追い込まれている中、生活必需品を売る「スーパー」は絶賛営業している。
そんな状況の中、スーパーの裏側を描いたこの映画では、業務そのものを丹念に描いており、スーパーの仕事というのもたいへんなのだなぁと素直に感心する。

若き日の伊集院光と柴田理恵も出演しているのだが、伊集院光は当然若いのだが、柴田理恵は現在のイメージとほとんど変わらないのに驚く。

副店長(宮本信子)が飛んで回って、気持ちがいい。
スーパーマンのように無理難題を解決していく様がスカッとする。

まあ、こういう映画を頭でっかちな人々が評価できないのは頷ける。
若いときのワタシもその一人であった。

映画とはまずはエンターテイメントでなければならない。
スーパーの裏側という影の社会問題を扱いつつも、結局は人間ドラマとして、喜劇として高い次元で完成されている素晴らしい映画だ。
もし、食わず嫌いで伊丹作品を見ないという人がいるならば、この「スーパーの女」から見てはいかがだろうか?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ