ここから本文です

鉄道員 (1956)

IL FERROVIERE

監督
ピエトロ・ジェルミ
  • みたいムービー 73
  • みたログ 535

4.07 / 評価:203件

娘役が色っぽくて目の保養

  • 八月一日 さん
  • 3級
  • 2020年10月6日 16時48分
  • 閲覧数 580
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

名作と言われる作品なので、どれほど重厚な内容かと思えば、これは一時期の日本が得意としたホームドラマではありませんか。私にとっては、イタリア版の小津安二郎映画という印象ですね。

 最後が余韻の残る終わり方で、素晴らしいと思いました。それ以上に素晴らしいのはこの子役。実にあどけなく、演技も自然。この作品になくてはならない存在になっています。

 もうひとつ印象に残るのは娘役。余りに色っぽい! 雑貨屋のレジ係にはどうしても見えないし、洗濯女としても絶対しっくりこない。綺麗すぎる、色っぽすぎるというのも罪なものです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ