ここから本文です

鉄道員 (1956)

IL FERROVIERE

監督
ピエトロ・ジェルミ
  • みたいムービー 73
  • みたログ 535

4.07 / 評価:203件

サンドロくん、大変なコマ遣い…。

  • sou******** さん
  • 2020年11月29日 7時40分
  • 閲覧数 309
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ずーっと、不幸の連鎖。不幸が不幸を呼ぶ…とでも言いますか。
まぁ、ちょっとは自業自得、多分に自業自得、そんな家族の物語。

クライマックスにはグッと心に炎が灯るように暖かくなれるのだけど…その間に続く、永遠とも思える不幸の嵐。それが辛い。

不幸の水先案内人は、子役の男の子。サンドロ役のエドアルド・ネボラ。男の子なんて書いちゃってるが、古い映画故に僕よりかなり年上ではある。彼の演技がとっても良いのね。笑顔が可愛いし、利発。
とにかく大人たちが、この男の子を何かにつけて使いっ走りさせる。使いっ走りの後で、大体不幸が巻き起こるのよ。

こっちも、サンドロの使いっ走りのシーンの度に身構えちゃうよね。あぁぁ、また不幸になっちゃうよ…と。

でもね、コレは修行みたいなもんだ。
きっと感動するお話だ、と信じたくなるのよ。

サンドロの笑顔がそれを示唆しているように思えるの。

無事に、FINEの字幕まで完走した時に、うーむ…落ち着くとこに落ち着いたかぁ…と。
THE人生って感じ?悪い時があるから、良い時が美しい…。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ