ここから本文です

鉄道員 (1956)

IL FERROVIERE

監督
ピエトロ・ジェルミ
  • みたいムービー 73
  • みたログ 534

4.07 / 評価:202件

マリャニコ〜ぉ〜ラ〜♪

  • say******** さん
  • 2021年5月25日 7時11分
  • 閲覧数 233
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

サンドリーノ!パパ!ママ!

物事は、別の視点から見直してみると、全く違う印象になる…当たり前なんだけど、しみじみ実感させられる。そんな、心に響く作品って、映画でも小説でも、なかなかあるもんじゃない。
 この映画、全体の三分の一近くが、末っ子のサンドリーノの視線で描かれる。ナレーションまでサンドリーノ。それが、大人たちのツラい現実をより際立たせる。ところどころ、グッとくる。
成績表を隠そうとするサンドリーノ。車に石をぶつけてガラスを割るサンドリーノ。パパと話すために、頑張って面積を求める勉強をするサンドリーノ。男と男の話を真剣にしようとするサンドリーノ。
最後に、崩壊した家族の絆を元に修復する貢献者も、サンドリーノだった。天晴れ!
 次点、ママ。懸命に日常の困難に立ち向かう、弱い、けど、優しく皆を包み込む、昔ふうの典型的女性像。いつもいるべきところにいてくれる、安心感。頼れるママ。一番オトナ。天晴れ!
 第3位、運転士仲間のリヴェラーニさん。独身なのに、アンドレアより常識的で、信頼できる友達。

キャラクターの魅力が溢れる傑作。
監督・主演、ピエトロ・ジェルミ。天晴れでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ