ここから本文です

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 インターナショナル・ヴァージョン (1997)

GHOST IN THE SHELL

監督
押井守
  • みたいムービー 5
  • みたログ 58

2.37 / 評価:35件

早い話が英語版(先行上映)

  • すかあふえいす さん
  • 2014年9月4日 6時35分
  • 閲覧数 962
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

「攻殻機動隊」のレビューは既にしてあるので、今回は「インターナショナル・ヴァージョン」の感想。

日本版キャストで演る前に先にアメリカ・フランスで上映したやつを凱旋公開したver.だそうだ。

冒頭に漢字の“漫画”とアルファベットの“MANGA”をクロスして組み合わせたようなマークが出てくる。

オープニングの説明文も「IN THE NEAR FUTURE-...」とすべて英語で書かれている。
「インターナショナル・ヴァージョン」のキャストは日本版よりも若い印象を受ける(バトーが青年みたいな声になっとります)。
いや逆に言ってしまえば、日本のキャスト陣が良い意味でドスの効いたメンツで構成されているという事なのかも。
ともかく、どっちの素子さんも声に艶があってカッコイイですハイ。
でも日本語より英語の方が雰囲気があると思うのは気のせいだろうか?
絵のタッチも洋画みたいな感じですし。

たまに「fu●k off」とかガヤで聞こえんのは気のせいですねハイ(商店街での銃撃戦とか)。


人形遣いは国際的にも男の声なのね(「2.0」でも英語版はトム・ワイナー(Tom Wyner)です)。


「The Net is Vast and Infinite(まったくネットは広大だわ).」

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ