ここから本文です

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼 (1997)

監督
こだま兼嗣
  • みたいムービー 30
  • みたログ 1,677

4.05 / 評価:510件

映画第一弾、コナン難局続きで普通に面白い

  • izq******** さん
  • 2021年5月2日 18時59分
  • 閲覧数 65
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画第一弾。コナンにありがちな犯人が挑戦してくるパターン。そして犯人逮捕で終わらずに最後は蘭とコナンの絶体絶命の難局が仕込まれていて、犯人候補はほぼ一人だけで見え見えだったが、コナンの難局が次々に続いて普通に面白かった。

コナンの元に工藤新一宛てに建築家の森谷帝二教授からパーティーの招待状が届く。コナンと蘭、毛利探偵の三人でパーティーに出席。ここは前振りで蘭が工藤新一と5月3日の夜に森谷が設計した米花シティにデートに行くことを話してしまう。
そして5月3日。蘭はお出かけ。ニュースでは数日前に爆薬が盗まれ、森谷がデザインした黒川邸が全焼。そして爆薬を盗んだとの犯人から工藤新一に電話が入り、緑地公園に呼び出される。
公園に着いたコナンはラジコン飛行機に仕掛けらた爆弾を始末。続けて米花駅前に爆弾を仕掛けたと犯人から連絡。コナンは捨て猫のカゴに仕掛けられた爆弾を見つけ始末するも負傷して警察病院へ。
続けて犯人から工藤新一の携帯に、環状線に5個の爆弾を仕掛け、車両速度が時速60km以下になるか日没になると爆発するとのこと。環状線は全車両時速70km走行が指示される。
コナンは爆弾が車両ではなく、線路の間に仕掛けられていることを解き明かし、全車両は車庫に入り難を逃れ、線路上の捜索で全爆弾を日没前に回収する。
コナンのヒントから、連続放火事件の被害物件が何れも森谷が若い頃に設計したものであることから、目黒警部、白鳥刑事、毛利探偵、コナンは森谷教授のもとに向かう。警察は森谷教授に恨みを持つ者の線で森谷教授から話しを聞くが、コナンは電話で工藤新一を語り、犯人は森谷教授だと説明。いつもの眠りの小五郎での種明かしパターンは映画冒頭で使ったからかここでは使わず。左右対称のシンメトリック様式を崇拝する森谷教授は、若い頃の作品では色々な制約で左右非対称となっており我慢がならなかった。さらに工藤新一に挑戦してきたのは、かつて高校生探偵として市長の人身事故を暴き、市長は失脚して森谷教授がデザインした街作り構想が潰れたことから、工藤新一には恨みを持っていた。
証拠は爆破犯の変装道具と見せかけたものを見て、森谷教授は変装道具の隠し場所を口にしてしまい逮捕。
映画はこんな簡単には終わらず。森谷教授はもう一つ米花シティビルに爆弾を仕掛けており、そこで蘭は工藤新一と映画を観に行く約束をしていた。コナンは蘭を助けに行くが、蘭は時限爆弾とともに爆破で閉じ込められていた。開かない扉を挟んでコナンは蘭に時限爆弾の解体を指示。最後に残った赤線と青線のどちらを切れば良いかわからず、諦めの表情で蘭に預けるコナン。蘭は青線を切って、時限爆弾を止めることに成功。
森谷教授はパーティーのときに蘭から工藤新一が好きな色が赤で二人のラッキーカラーだと言ってたのを聞いて、赤線をアウトに仕込んでいたものと思われたが、蘭は新一とは赤い糸で繋がれてるからと、青線を選ぶ結末。
ゲスト声優には2丁拳銃の二人だったがどの役かよくわからず。映画主題歌はバービーボーイズの杏子さんの「Happy Birthday」。工藤新一の誕生日デートと絡めた作。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ