ここから本文です

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪特急!まぼろしの汽車 (1997)

監督
吉沢孝男
  • みたいムービー 0
  • みたログ 14

3.57 / 評価:7件

23分の劇場映画版とは思えない優れた作品

  • hoshi595 さん
  • 2011年1月4日 18時08分
  • 閲覧数 567
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

本作品は、「ゲゲゲの鬼太郎」の劇場映画版として、
第4期テレビシリーズの映画第3弾で最終作に当たる。

と言われても、分かりにくいので劇場版を順に並べてみた。
( )は公開日。

第1作 妖怪軍団( 1985年12月21日 )
第2作 妖怪大戦争 (1986年3月15日)
第3作 最強妖怪軍団!日本上陸!! (1986年7月12日)
第4作 激突!!異次元妖怪の大反乱 (1986年12月20日 )
第5作 大海獣( 1996年7月6日)
第6作 おばけナイター( 1997年3月8日 )
第7作 本作品(1997年7月12日)
第8作 日本爆裂!! (2008年12月20日)

物語は、銀河鉄道の様に”まぼろしの汽車”が出現したり、
吸血鬼や狼男などの西洋の妖怪が敵キャラとして登場し、
鬼太郎たちと戦いが始まる。

もともと、東映アニメフェアの一編として公開された劇場版
なので、上映時間は23分しかない。ところが、短いながら
鬼太郎軍団は総出演に近く、見応えのある作品に仕上がって
いる。

話はそれるが、”新撰組”が近藤勇以下全員登場すれば、
どんな物語でも楽しめるのと同じで、”ねこ娘”、”砂かけ婆”、
”一反木綿”などのお馴染みのメンバーが一致団結するのも
趣向で大いに楽しめた。

”西洋の妖怪”は手強く、鬼太郎も”妖怪石炭”に変えられ
危機一髪になるのだが、その打開策とは?

ちなみに、この時の”鬼太郎”の声優は五代目”高山みなみ”
ではなく四代目”松岡洋子”で、第5作から本作品までを担当
している。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ