ここから本文です

ジャングル大帝 劇場版 (1997)

Jungle Emperor Leo

監督
竹内啓雄
  • みたいムービー 7
  • みたログ 133

3.77 / 評価:22件

ハム・エッグがいい味出してる

  • aru***** さん
  • 2012年5月9日 23時20分
  • 閲覧数 738
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

ジャングルで暮らす動物たちの中心的存在になっている、ホワイトライオン・レオ。
月光石という凄い力を持った石を求め、悪そうな人間(ハム・エッグ)がここにやってきて・・

先日テレビでやっていたので見ました。
原作はかなり前に一度読んだきりなので、ラスト以外はほとんど覚えていませんでした。
どうも3代にわたるライオン一家のお話の、3部を切りだしたのが本作のようです。

動物たちの世界に踏み込んでくる人間は、悪い人も、いい人もいます。
人間ひとまとめで敵視する動物たちもいますが、動物たちに伝染病が流行ることで状況が変わります。

本作より少し前に公開された『ライオンキング』と比べてしまうと、映像のダイナミックさでは負けますし、テンポもあちらがいいです。

ただ、動物の世界に人間が混ざるだけで、話の広がり方は違うものになります。
良かろうが悪かろうが、違う存在なので。
違う存在が入り混じることが、本作の魅力の一つになっていると感じます。

また、助けてくれた人間(ヒゲオヤジ)に、レオが恩を返そうとする義理堅い感じや、ラストでのレオの行動に日本人の感性というか、日本人の感覚が現れているようで、しっくりきます。

吹き替えも豪華ですね。
中でもハム・エッグ役の立川談志が合っていて良かったです。
談志の凄さを理解しきれていない僕からみても、昨年の訃報は残念でした。

映像面も含め素晴らしいアニメ作品が多くある中で、本作をエンタメ作品として万人に勧められるかと言うと、ちょっと難しいところではありますが、僕は好きです。
手塚治虫を好きな人にもいいと思います。

原作を久しぶりに読み返してみますかね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ