シャ乱Qの演歌の花道
3.6

/ 17

24%
47%
12%
6%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(5件)

楽しい23.8%笑える19.0%コミカル19.0%ゴージャス9.5%切ない9.5%

  • nsc********

    4.0

    沢山笑わせてもらいました

    シャ乱Qさんは本物の俳優ではないのでさすがに上手とは言えませんが、その分シャ乱Qさんの持ち前の明るく楽しいキャラで終始笑いっぱなしでした。 陣内孝則さんを始めとした俳優さん達がまたうまい具合に演じていたのも印象的でした。 お腹が痛くなるまで笑った映画は本当に少ないので、大好きな映画の一つです。

  • qaz********

    4.0

    モー娘。前時代のつんく♂

    上映時に大学生だった私は新宿東映に見に行きました。 同時上映の「CATS’EYE」は林 海象の演出がスゴすぎて内田 由紀ファンだった私は変な気分になりました。 さて、本作が始まるとつんく♂の演技に引き込まれ楽しみました。 はたけ・元メンしゅう・まこと・たいせーはいかにも棒読みなセリフ回しです(笑)。 陣内のライバル演歌歌手は怪演していてつんく♂に負けるか!の気迫がこもっています。 今や「あさイチ」イノッチ夫人となった瀬戸 朝香の独身時代の美しさも拝めます。つんく♂が手掛けた歌の作りも1年後に手掛けるモーニング娘。的な楽曲が満載です。 尾藤イサオが演歌調で歌う「いいわけ」は爆笑モノです。 鶴瓶の役も小さいですが印象を残します。 現在、レンタル落ちのビデオを所有していますが見れません! DVDにしてくれー!お願いじゃー!

  • goo********

    3.0

    演歌って本当にもうかってるの?

    駄作ではなかった。 駄作特有のみたあとの 「怒り」とか「殺意」とかはこみあげてこないです。 映画としては一人前の作品だったから。 ただカッコつけてたり、不思議感を出そうとして、 撃沈してるディレクターの 作品の一種ではナイです。 ただ、ジャケットみただけで 完全にイメージ固まっちゃうから、 「よし、みよう」とはなりにくいだろうけど。 「深夜の馬鹿力」の「ひとり映画祭」ノミネート作品だった 気がします。

  • mak********

    4.0

    シャ乱Qらしい楽しさ◎

    いやぁ~懐かしス!! 人気ミュージシャン主演で映画、ってあたりがすでに昭和な感じです(笑) フジテレビ制作なので如何せんテレビっぽいですが、 何を隠そうシャ乱Qの大ファンだったので(マジでファンクラブに入っていた程)、 この映画はよく覚えています。 好きなミュージシャンが演技してるのを見るのは、もぅ何とも言えない恥ずかしさがあるのですが、 この映画は監督、スタッフがちゃんとした人達で、しかもコメディなので、 そんなに「痛い」感じになっていなくて、ホッとすることしきりですハイ。 ノリノリで大御所演歌歌手を演じた陣内孝則はさすがの可笑しさで、笑わせてもらいました。 シャ乱Qファンとしては劇中歌がシャ乱Q一色だったのも嬉しかった。 確かつんくサンは日本アカデミー賞で何か獲ったはず~。 カッコ良さはあまり無いですが、隠れた良作映画だと思います♪

  • iss********

    4.0

    笑えましたよ。楽しい映画です。

    ずっと前から家にあって、 特に正直観たいと想わなかったんですが、 あまり期待せず、 御飯を食べながら、 再生しました。 そしたら!?!?!?!? めちゃくちゃ面白かった。゚(→o←)゚。-----!!!! 肩の力を抜いて、 リラックスしたい時には、 ほんとに最適な映画でした。 挿入歌の《虹色橋》と言う曲。 なかなかいい演歌です。 つんくさんてやっぱり才能ある人なんだなぁ……。 く~っさい陣内孝則さんが、 これまた最高です。 新宿コマで、 この映画の舞台版があったみたいですが、 観たかったなぁ……。 と想った程楽しかったです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
シャ乱Qの演歌の花道

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル