ここから本文です

東京日和 (1997)

監督
竹中直人
  • みたいムービー 89
  • みたログ 539

3.80 / 評価:112件

過剰で残念・・・

  • yws***** さん
  • 2011年8月16日 14時26分
  • 閲覧数 1514
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

中山、竹中の過剰で過多な笑顔のシーン含め、すべてが演出過多により、作られ過ぎちゃってて「あ~、演技してんですネ・・・」といった、一種ソグワナイ感覚と言うか、すべりまくっていました役者達が・・・。
音楽もアオリ過ぎ~演出過多でした。
荒木氏の本質である「シメッタ、センチメンタル」が吹き飛んでしまってる。モッタイナイ。多分セリフも多すぎるのだろう。映画は役者の「しゃべり過ぎない~寡黙さ」が深さを表現できると思っています。
このテーマを北野武に撮らせてみたいと、正直思いました。残念!!!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ