ここから本文です

虹をつかむ男 南国奮斗篇 (1997)

監督
山田洋次
  • みたいムービー 7
  • みたログ 139

3.38 / 評価:61件

良く出来ているのだが・・・

  • oak******** さん
  • 2007年5月1日 17時28分
  • 閲覧数 844
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

前作同様、日本人の庶民の感情を大変うまく表現し、山田監督がこの分野の第一人者であることを改めて確信させられた。しかし、「寅さんシリーズ」同様、基本のアングルが前作と同様であるだけに、意外性を出すことが出来ず、佳作ではあるがもう飽きてしまった。日本人の変化を嫌う保守性抜きには「寅さんシリーズ」が国内では信じがたい超大ヒットでありながら、国際的にはまったく評価されてない現象を説明することは出来まい。演歌と同じように、山田映画は落ち込んだ時にシミジミと見るものかもしれない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ