ここから本文です

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー (1998)

Perfect Blue

監督
今敏
  • みたいムービー 145
  • みたログ 1,185

3.93 / 評価:456件

巧妙な大ご都合主義。

  • hsa***** さん
  • 2019年9月13日 1時57分
  • 閲覧数 166
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

周到に準備されている作品。
アイドル文化批判にはなっているが、聖と俗の区別のないぐちゃぐちゃ映画。
この時代認識は現在にも通じるが、不毛な議論しか呼ばない。
誰が誰を殺したのか解りにくい。
結局四人殺されているように見えるのだが、カメラマンを殺したのは主人公に見える。
残りの三人はマネージャーが殺したように見える。
いずれにしろ、主人公が二重人格のみならず、マネージャーも二重人格。
熱狂的なファンの男はストーカー。
撮影中のドラマに現実の人物がビルトインされるとか、自分を殺しに来たマネージャーが自分の分身に見えるとか、その分身がマネージャーの幻影だとか、普通には思いつかない発想だが、そのご都合主義ぶりはフィクションの枠を越えかけるギリギリの線だ。
観客は病気の登場人物をイヤというほど見せられるのだが、作者はほぼ病気の人物に共感していない。
主人公が正気を喪うプロセスはサスペンスフルに描かれるのだが、結局全然大丈夫だ。
全編おもしろく見られるし知的なゲームとしてももおもしろく見られるのだが、大きな勘違いがあって、そのために映画の本質を取り逃がしたと思う。
単純な構造でおもしろい作品が撮れたらエライと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 知的
  • 絶望的
  • セクシー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ