「A」

135
「A」
4.0

/ 53

40%
36%
15%
4%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(17件)

不気味20.0%切ない20.0%知的15.0%悲しい10.0%絶望的10.0%

  • sss

    4.0

    知れば皆同じ様な人なのに主義主張は正反対

    当然、きれいな物より汚い物中心の映像である。 やや声が聞き取りにくい。 面白さは低いが映像価値が高い。特に警察の不当逮捕。 なぜか観ているとオウムのミカタになってしまっている。 正義であるはずの警察がクズで、弁解しようのない悪のオウムが意外と普通の人。人間はひとくくりにできない。 /5.5(202107)

  • tai********

    3.0

    ネタバレ忘れてしまう

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • stanleyk2001

    4.0

    モヤモヤしながら共存

    「A」1998 1995年9月から1996年8月までのオウム真理教青山本部と幹部荒木浩を中心に撮影したドキュメンタリー。 オウム真理教は松本サリン事件そして地下鉄サリン事件を引き起こした。地下鉄サリン事件(1995年3月20日)は猛毒のサリンガスを使って霞ヶ関の官庁を無力化して日本を制圧しようとしたテロ事件。使者14人。負傷者6400人。 監督森達也氏は地下鉄サリン事件の半年後オウム真理教青山本部の幹部荒木浩氏の密着取材を開始した。オウム真理教を内側から記録したドキュメンタリーだ。 殺到するマスコミからの取材要請を捌く荒木浩氏はとても有能に見える。坊ちゃん刈りにメタルフレームの眼鏡をかけた若者。失礼だがのび太に似ている大人しそうな青年だ。 教祖・麻原彰晃(本名:松本智津夫)が計画・指示したサリンガスを使ったテロ事件とこの大人しそうな青年は結びつかない。他の信者も邪悪な異教徒というよりは特殊な教義を全面的に信じている以外は(とても粗末な食べ物を食べていることを除けば)ごく普通の若者達だ。 彼らは資本主義とか家族と暮らす生活から離れて独自の価値観を共有している信徒仲間と集団生活を送る事を選んでいる。 そういう意味では仏教の修行僧と同じだ。しかし仏教の修行僧とオウム真理教の出家者の違いは資本主義社会や家族を否定して倒そうとした事だ。 しかしオウム真理教は民主主義は否定していない様だ。何故なら選挙で候補者を立てて国会に議員を送り込もうとしたから。 だがナチスだって選挙民から信任され当選した議員の集団だったから民主主義の手続を順守した連中が民主主義を守る集団とは限らない。 オウム真理教が立てた候補者は全員落選した。だから毒ガスで日本政府を倒そうとしたのか?何故毒ガステロを起こそうとしたのかは教祖麻原彰晃が意思疎通出来ない異常な精神状態のまま処刑されてしまったのでもう突き止めることは出来ない。 残された荒木浩氏たちの言動からは毒ガステロ事件と結びつくものは窺えない。 しかし公安警察はそう考えない。今でも麻原彰晃を信じる信徒は再びテロを起こす危険な団体だと考え信者を監視し続ける。 私服警官がわざと信者にぶつかり「突き飛ばされて怪我をした」と大袈裟に騒ぎ立てて「公務執行妨害」で信徒を逮捕拘禁する。その一部始終を撮影していた森達也監督は悩んだ末に弁護士にビデオテープを渡す。その映像が警察による不当逮捕の証拠として認められて逮捕された信者は解放される。 ドキュメンタリー作家が取材対象に協力したという意味では中立ではないと森監督は非難されるべきなのかもしれない。 しかし人権擁護の立場からは不当な逮捕による拘束から無実の信者を救った事は意味がある。教祖が国家転覆を図ったとしても信者の人権は守られなくてはならない。 ヤン・ウェンリーならきっと同意してくれる。 一般の市民は地下鉄サリン事件を引き起こした犯人達とオウム真理教の信者たちを同一視して自分達の近くに引っ越してきたら出て行けと抗議する。公安調査庁は破壊活動防止法をオウム真理教に適用して活動を制約したり解散を命じようとした。 大学教授が主催する破防法反対の公開パネルディスカッションに荒木浩氏は出席することになった。大学入学以来しまってあったスーツを着たのは良いがなんと革靴を持っていない。買う時間もなくとうとうスーツにサンダルで登壇した。 オウムの施設の中ではジャージとサンダルで暮らしているからこういう身だしなみの規範をすっかり忘れているのだ。 この様子を観ると「この人たちは別のルールの中で暮らしているんだな」と思う。みんながジャージとサンダルの世界。その世界は服装やアクセサリーでマウント取る人もいないのだろう。 スーツにサンダルの荒木氏はなんだか頼りなく見える。とても凶悪な殺人教団には見えない。 凶悪なテロを起こしたからと言ってオウムを解散させることはできない。破防法も適用されなかった。教祖と幹部がテロ事件を起こしたからと言っても教団を消滅させることは出来ない。 基本的人権が彼らにもあるから。信教の自由は彼らにもあるから。 自分の人権と信教の自由・思想の自由を守りたいならオウム真理教信徒の人権と自由も守らなくてはならない。モヤモヤしながら彼らと共存していかなくてはならない。

  • aco********

    5.0

    メディアの暴力と正義のあり方を問う

    事件後のオウム真理教の、おもに広報部に密着したドキュメント。 メディア/ドキュメンタリーの持つ暴力と、それでも取りうる正当な態度とはどのようなものか、といったことを問われた気がした。 印象に残っているシーン(メモ) ・公安警察のヤクザみたいな胸糞のワルさ   〜ドキュメンタリーの倫理的葛藤 ・被害者の会の会長の距離感だけは、一方的な価値観や偏見の押し付けがなかったように思われた ・人権問題の観点から、大学に呼ばれて討議の場がつくられるような試みもなされていたのには驚いた (が、生産的な討議としては成立していないようにも。答える方も曖昧な受け答えしかできない) オウムに残された/残った者たちは、「世間」との軋轢、試練に翻弄され、「ここまでなっても信仰心が揺るがないかどうか、試されている」というような見方をする者も少なくないようだが、 しかしただ単に、自らの信仰心を改めて徹底的に問い、向き合うことから逃げているだけなのではないか、とも思える。 自らのあり方について徹底的に問い、悩み抜き、考えているのは、この映画では、実は森達也だけではないか…。

  • ang********

    5.0

    まさかオウム真理教のドキュメンタリーとは

    レビュー1578作品目。J-COMはAXNミステリーチャンネルにて。 評価平均4.33はダテでは無かった面白さがある。 題名が【A】だけの映画だったので、ヤフー映画でも本トピを探すのは大変でした。本映画の存在すら知らず、てっかりミステリーか何かと・・ 番組が始まったのでJ-COM番組表を見てみると「オウムの内部のドキュメンタリー」と。調べて見ると、あの地下鉄サリン事件から24年。 そうか、そんなに経つのか。 24年前の私は30代半ば。夫は30代後半。 もう仕事が激務で毎日終電かタクシー、出張も多く「オウム真理教」に対しての情報は新聞をチラっと見る程度。 教祖が狂祖であり、洗脳により武闘集団が弁護士一家を殺害したりサリンを撒いたりしたテロリスト宗教である程度の知識しかありませんでしたが。 本映画は事件が発覚し、麻原が逮捕された後の教団内部のドキュメンタリー。 逮捕される様な薬品開発だの殺人部署ではなく、一般信者の寝泊まりしている施設の内部が写っている。 狂信的な人もいれば、結構自分を客観視しながら在籍している人もいれば。 麻原に心酔している人もいれば、全てをひっくるめて受け入れている人も。 これはそう、あれです。 「事実は小説より奇なり」の映画。 私には解りません。 心配して待ってくれている両親が居るのに、何故そこにいるのか。 どうして教団に固執するのか。 でも、そこには色々な人間ドラマが有り、本当に面白かった。 麻原事件を放映しているニュースも施設中で普通に見ているし 「麻原は地獄の何とか」の、内部告発本を見ている信者も。 でも、麻原がいかに極悪人かをニュースで放映しているのを見ていても、「ここでくじけず信じられる強さが欲しい」「私達は試されているんだ」など。 切ないなあ。 「これが洗脳か」「これが宗教の怖さか」と感じる反面、 「ここまで何かを信じられる人って、幸せなのかもなあ」とも感じる。 究極のドキュメンタリー映画としては秀逸。 色々な意味で、見る価値有。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


監督

音楽

基本情報


タイトル
「A」

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-